イケメンの香り

以前書いた通り、大好きな香りをかぐと腰が砕ける遊己、35歳、ゲイです。こんにちは。

好きな男の香りってなにかなーと考えていて気づいたんです。

イケメンって体臭なくない?

臭いイケメンっている?

いや、そりゃなかにはいるんだろうけど、過去35年の経験を通して「うわ。超イケメン」って思った人は仕事後でも、寝起きでも、全裸になっても臭くなかった。

なんでだろうねー?不思議だね。

もしかして「俺がイケメンと思う人」イコール、生物として俺が求めてる存在だから、本能的に相手に嫌悪を感じないようにできてるのだろうか?

つまり、タイプじゃない人は臭く感じるけど、タイプの人の体臭は感じにくい、的な生物反応。

だとすると好きな男の香りってそもそも存在しないことになるね。

好きな男の香水の香りは存在しても。

腰砕けるほど好きなドルチェ&ガッバーナのライトブルーの香りも、記憶をたどると学生時代に憧れてた人がつけてたような気もするんだよな。

10年以上前の話だけどさ。

まぁねー、最近は恋も情も愛も性もなにもない無味乾燥な島生活してるんで、根本的に男のニオイかぐことないんだけどさ。

ごめんごめん。欲求不満でこんなブログ書いちゃった。笑

遊己の妄想トークでした。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA