ペニンシュラの朝食とスパ @マニラ

旅行記の続きです。

The Peninsula Manilaのスイートルーム宿泊記。

今回は朝食とスパについて紹介します。

朝食会場はこちら、ロビー階のエスコルタ。

前回もここで朝食とったけど、広いし綺麗だし充実したビュッフェ。

マニラのホテルはどこも朝食が充実しているイメージ。

ジュースもいっぱい。

エッグステーション。

いつもは中に入れてもらう具は「A little of everything」とお願いするのですが、ここは具材が多すぎて、多分全部は入りきらない。
なので、「今日のオムレツ」であるSisigオムレツにしてもらいました。

Sisigは豚肉を使ったフィリピン料理。結構ピリ辛だったー。

朝からつい食べすぎた・・・。ランチは抜きだな。

レイトチェックアウトを確約してもらっていたので15時まで部屋でゴロゴロし、腹がこなれてからスパへ。
ここのペニンシュラ、スパは単独では存在しておらず、フィットネスセンターの一部がトリートメントルームになっています。このレベルのラグジュアリーホテルでスパを全面に推してないのは珍しい。

まず受付で問診後ロッカールームに通され、「サウナやスチームサウナは使い放題です。ミネラルウォーターも自由にお飲みください。準備ができたらトリートメントルームにご案内します」と説明を受けます。

案内係から切れ間なく担当セラピストに引き継がれ、しかも常にベストタイミングで声をかけてくれるので、施術前には部屋の写真撮れなかった。
施術後なので乱れてますが、部屋はこんな感じ。

フットバスから始まり、その後全身マッサージへ。

90分のトリートメントですが、ほんと全身だったな。お腹のマッサージも入っているのが珍しい。

ここのホテルはスパに力を入れていないようですが、トリートメントはなかなかでした。

1万円台で泊まれるペニンシュラ。日本ではなかなかできない贅沢ステイが楽しめます。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です