頭のエロと体のエロ

頭のエロと体のエロって違うよね。

ネットで調べたら、男の精力、要するに体のエロパワーのピークって20歳前後らしい。

自分の人生を思い返すと確かに大学生ぐらいで1回目、20代前半で2回目のエロパワーのピークがあって、それ以降は緩やかに落ち着いている感じがする。

大人になって「あれ?なんか最近俺エロくなったな」と思う瞬間があるんだけど(笑)、それは体のエロパワーに代わって頭のエロパワーがのびているからだと思う。

つまり、思考がエロくなったんだよ、若い頃より。

例えば、若い頃は射精してクールダウンするとしばらくはエロいものを見るのも嫌だと拒絶反応があったんだけど、最近は射精後でもエロいものは「あぁ、エロいですね。いいですね」と受け入れられるからね。

いつまでもエロくいられるのはいいけれど、この路線がどんどん進むと

「頭の中はエロいことばかりなのに、実際はSEXする力はない」ってゆーおじさんに行き着くわけだよな・・・。

回避策は2つあります。頭のエロパワーの増進を止めるか、体のエロパワーを頑張って維持するか。

さて、どちらが正解なんでしょうか?

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA