香港の安くて綺麗なビジネスホテル。Minimal Hotel Culture

香港のホテル紹介。

香港ってホテル高いよね。ハイエンドホテルは東京と同じぐらいかなと思うけど、ローエンドホテルが高い。いわゆる日本のビジネスホテルより狭いようなホテルが1、2万円ぐらいしたりする。

するとまぁハイエンドホテルに泊まったほうがコスパがいいわけですが・・・今回、香港到着が深夜1時なんですよね。

大阪で「早朝7時にチェックアウトするのに4万円のホテル泊まるのもったいなぁ」とそこそこお値打ちなホテルニューオータニ泊まったように、香港でも「深夜1時から入国して3時とかにチェックインするのに、高いホテルもったいない」という貧乏性が発症いたしまして、「安いけど綺麗なホテル」を条件にホテルを探しました。

以前泊まったドーセットモンコックとか安くて綺麗だったけど、今回はけっこう高くなってたので見送り。

場所は今回もモンコックから近いですけどね。深水埗って駅。なので、モンコック行くのと同じくN21のバスで空港から向かいます。昼間だとA21ですね。

深夜バスのN21はA21と違って空港の中をぐるぐる回って多分夜番の空港スタッフなんかをのせてから街中に向かうみたいです。

なので、乗った直後はしょっちゅうバス停で停車するから車酔いした・・・。おえっ。

1時間半弱でやっと到着。はい、ホテルはこちらです。

Minimal Hotel Culture。

Minimal(最小限の)というだけあって、ほんと最小限の機能だけ残したホテルでした。

いわゆるビジネスホテルですね。ビジネスホテルより狭いけど。

室内はこちらー。

狭い。10.2平米。でも綺麗。

翌朝撮ったホテルの外観はこちらです。

Toravelocityってサイトで予約し、62米ドルでした。7000円ぐらい。

ちなみにTopCashBackってゆーキャッシュバックサイト経由で予約したのであと6ドルのキャッシュバックもあり。なので、実質6000円ぐらい。

うん、これなら納得。

毎回毎回ホテル予約する時、ハイエンドでもローエンドでもめちゃいろんなサイト調べまくってます。3日ぐらいかけて。

インスタの写真とかに「お金持ちですね。贅沢してていいですね」とかコメントされますが、こうして節約しまくってんだよ。笑

小市民。しがない中間層サラリーマンです。インスタは生活を盛る場でしょ?笑

ちなみに今回泊まったホテルからほど近いとこに嘉頓山って山があって景色が綺麗だと聞いたので、登ってきました。

階段で400段の小さな山。高さは90メートルらしい。

香港らしいビルたちが見える。夜はさらに綺麗だろうね。でも結構急な階段が続くので、暗いと足元怖そう。

頂上ではおじさんたちが太極拳してました。あぁ香港・・・。笑

ちなみにホテルから山麓までが徒歩15分。そこから頂上までがさらに15分ぐらいでした。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です