ヒルトン名古屋のプレミアムエグゼクティブルーム宿泊

前回から続いています。
弾丸帰国1泊2日2人旅。
いつの間にかセントレアから名古屋の中心街、栄行きのリムジンバスが運行されるようになったんだね。
俺がセントレアで働きだした頃は名古屋駅行きのバスがあったのにやがて運休になり、名古屋に出る手段はほぼ電車だけになっていたのですが。
電車で栄に行こうと思うとどうしても名鉄から地下鉄に乗り換えが必要なので、リムジンバスは便利ですね。
運賃は1200円でした。
栄地区のいくつかのホテルに停まりますが、今回俺が向かうのはここ。
ヒルトン名古屋。
今回はホテルに宿泊です。
突然の帰国で自分の部屋は温水などが使えないのでね。
温水器、水道局に前もって電話しないと使えないんです。
とゆーわけで、ヒルトン名古屋にはセントレアから70分ぐらいで着きました。
なんか最近、いろんなとこでヒルトン宿泊が続いてるな。
俺的にはやはりヒルトンといえば名古屋のヒルトンのイメージが強いですね。
ザ・シティホテルってイメージ。
海外行くと全然しょぼいビジネスホテルみたいなヒルトンもあるけどね。
ちなみにヒルトンをとった理由は、今回2人で宿泊だからです。
ヒルトンはゴールド会員なので、特典として2人でも1人料金で泊まれるんです。
前日深夜にヒルトン名古屋に直接電話して
「2人で1泊いくらになりますか?朝食付きで。2人目はゴールド会員特典で泊めたいんですけど」
と聞いたところ
「ご本人様には特典として無料で朝食が付くのですが、お連れ様は別料金になります。ですので、お部屋代金17000円に税金などが3747円、さらにお1人様の朝食3000円ほどが別途必要になります」
とのこと。
そうか、じゃ、トータル24000円ぐらいね。
んー。それなら東急かグランコート(ANAクラウンプラザ)のほうが安いな。
そう思っていたところ、さらにスタッフから説明が。
「ただ、ゴールド会員様ですので、エグゼクティブルームに空きがある限りはそちらにアップグレードさせていただきます。そして、ややこしいのですが、エグゼクティブルームにアップグレードになった場合はお2人様とも無料でご朝食をお召し上がりいただけます」
お、そうなのか。
朝食ぶんが浮くのもうれしいけど、ヒルトン名古屋のエグゼクティブルーム泊まりたい。
名古屋6大シティーホテルの中でヒルトンだけ泊まったことなかったんよね。
(注。名古屋6大シティーホテルとは、名古屋マリオットアソシア、ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋、名古屋東急ホテル、名古屋観光ホテル、ウエスティン名古屋キャッスル、ヒルトン名古屋のことです)
俺「今のところエグゼクティブルームの空き状況はどうなんですか?」
スタッフ「確約はできませんが、よほどのことがなければアップグレードさせていただけると思います」
はい、決定。
ヒルトン名古屋予約しまーす。
ちなみにヒルトンはアプリを使って事前にチェックインが可能。
到着日の朝、出発前にベッドの中でアプリを開いてみたところ、24から27階の部屋が選択可能になっていました。
24から27階はエグゼクティブフロア。
すでにアップグレード確定してるやーん!
せっかくなので最高層階の27階の部屋をおさえて事前チェックイン完了。
でも、万一万一ダウングレードされていると恥ずかしいので、ラウンジではなくメインのチェックインカウンターでチェックインします。
この時点で朝11時半ぐらい。
フロントスタッフは「まだお部屋の準備ができていないかもしれませんが、ラウンジでお待ちいただけますのでご案内します」と26階のラウンジまで案内してくれました。
ちゃんとアップグレードされた部屋のままになってるんだね。よかった。
とゆーわけで、ラウンジです。
毎度お馴染みの自撮り。
 窓からは名古屋駅のあたりがきれいに見える。
ペリエでも飲みながら部屋の準備ができるのを待ちます。
トイレは少し場所がわかりにくかったけど、手拭きが紙じゃなくてタオルなのがいいね。
カタール航空のラウンジで見て以来だ。
部屋はだいたい30分ぐらいで用意してもらえました。
正午には部屋に通してもらえたわけですね。
はい、こちら。
逆光で暗いな。
夜撮った写真だとこんな感じ。
プレミアムエグゼクティブルームって名前の部屋です。
和風ですね。
障子。
クッションもなんか和風だし。
外国人にうけるでしょうね、この日本的なインテリア。
シャワーはトイレとガラス戸で仕切られていて、入浴もしやすくなっています。
アメニティーはヒルトンお馴染みのピータートーマスロス。
コンプの水はお台場のヒルトンと同じいろはすでした。
ヒルトン名古屋、けっこー気に入りました。
実はリムジンバスの中に忘れ物をしたのでラウンジスタッフに探してもらったのですが、何度もバス会社に連絡して引き取りの調整までしてくれたし。
今回泊まったのは2717号室でした。
こちら側からはラウンジと同じく名古屋駅エリアがよく見えます。
夜にはこんな夜景も。
名古屋駅のあたりだけビルが増えてるのがよくわかる。
名古屋は1点豪華主義って言われるけど、街の発展度もそんな感じ。
って、俺はその名古屋のベッドタウン春日井市出身なので文句言えないけどー。
春日井も名古屋もアイシテマス。
明けて翌朝。
アップグレードされたので、案内の通り2人とも無料で朝食を食べられます。
26階のラウンジか2階のレストラン、どちらでも食べられますが、今回は2階にしました。
こんな感じの和洋入り混じったビュッフェ。
はっきり言おう。
朝食は大したことなかった。
朝食のレベルで言ったら名古屋東急ホテルとANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋が抜きん出てると思います。
ヒルトンでいいなーと思ったのは、名古屋らしく小倉トーストがあったこと。
うまー。
でも、東急はさらに名古屋飯に力入れた朝食なんですよね。
東急は宿泊自体安い。1人だと1万円きることもある。
ただ、俺は東急は会員になってないから、今回みたいにアップグレードしてもらえたりアーリーチェックインやレイトチェックアウトしてもらえる可能性を考えるとやっぱり会員になってるホテルを優先したくなります。
ちなみに今のところ俺がステータス持っているのはヒルトン(ゴールド)、SPG(ゴールド)、マリオット(ゴールド)、ハイアット(プラチナ)ですが、ハイアットはほとんど使ってないので来年は平会員に戻されてしまう予定です。
ヒルトン、SPG、マリオットはアメックスのプラチナカードを持てば特典としてステータスもらえます。
俺はヒルトンはもともとゴールドでしたが、SPGはゴールドから陥落して平会員になっていたのでアメプラに救われてゴールド復活。
SPGって旅行にあんま興味ない人はわからないかもなので一応説明しておくと、シェラトンやウエスティンなどのホテルグループです。
そして、SPGはマリオットに買収されたので、SPGゴールドになるとマリオットもゴールドをもらえます。
さらにマリオットの上級会員はリッツ・カールトンでも上級会員として扱われます。
高級ホテルのグループ集約が進んでますね。
話が逸れましたが、ヒルトン名古屋は朝食のイマイチ感を考慮してもまた泊まりたい良いホテルでした。
今回の滞在はルームチャージ17000円に諸税でトータル20747円でした。
次に続きます。

2 Replies to “ヒルトン名古屋のプレミアムエグゼクティブルーム宿泊”

  1. ダブルってことは当然???
    ゲイブログらしくその辺り詳細に教えて欲しいです。台湾人って基本そんなに大きくないんだよね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA