ANAビジネスクラスでまさかの。。。

ANAで東京から香港に飛びます。
もともと成田発の便を予約していましたが、羽田発に変更しました。
理由は、泊まってた品川から近くて便利ってのもあるけど、機材がB787だから。
日にもよると思いますが、もともと予約していた成田発のほうの便はB767でした。
B767とB787ではビジネスクラスの座席がかなり違います。
B787のビジネスクラスもANAの場合2種類ありますが、最高峰はやっぱりフルフラットのスタッガード。
シドニーに行った時に紹介しましたね。
フルフラットであることもうれしいですが、何より隣席がない(1-2-1の配置で、真ん中の2席も間にテーブルがあるので他の乗客と隣り合ってない)ってのが快適です。
2ヶ月ぶりにスタッガードのビジネスクラスに座れるー。ワクワクしながら羽田へ。
ANAのチェックインカウンター。
ここで、チェックインエージェントからまさかの通告をされます。
ANAスタッフ「本日、機材整備にともなう機材の変更により、お座席番号が変わっております」
待て待て待て。
座席番号が変わるってことは、飛行機が変わるだけじゃなくてシートの並び自体も変わるってことだよね。
ってことは、、、
俺「もしかして座席、スタッガードではなくなりますか?」
ANAスタッフ「申し訳ございません。スタッガードではない普通の2-2-2の座席です」
がーーーんっ!
ANAのB787にはスタッガード以外に、クレードルと呼ばれる主にアジア路線で使われるライフラット(完全にフラットにならず、フルで倒してもナナメに角度がつくシート)があります。
上がスタッガード、下がクレードル。
スタッガードのシートに乗りたくて香港行くことにしたのにー。
と言っても仕方ないんだけどね。
機材変更なんてどこの航空会社もよくあるしね。
でもダメ元で「次便に変更できませんか?」と相談してみるも「特典航空券なのでマイレージデスクにお電話でご相談いただかなくてはいけないのですが、マイレージデスクがあくのが朝9時なんです」という回答。フライトの出発は8時50分です。間に合わない。
仕方ない。あきらめて、クレードルシートに座ろう。
これはこれで初めて体験するシートだから楽しめるかもよ。
ってことで、チェックインを終え、ラウンジに入りました。
激混みのANAラウンジ。
日系ラウンジお約束のカレーを食って少しブログ書いたりしていたらもう搭乗時刻ですよ。
ゲートはラウンジのすぐ前なので搭乗開始と同時にゲート行ったら、ANA名物、行列する優先搭乗。
推定30人ぐらいかな。
日系航空会社は一度ステータス達成すれば提携クレジットカードによりほぼ永年でステータス維持されるから、優先搭乗多すぎ。
そして日本人、優先搭乗好きすぎ。
かくいう俺も、その列に並んで優先搭乗しちゃいましたが。笑
はい、これがクレードル。
ふむ。思ったほど悪くない。
ビジネスにしては少しモニターは小さいけど、他の航空会社と比べても悪くないね。
さて。定時で羽田を出発です。
ウエルカムドリンクはなく、離陸後にシャンパン持ってきてくれました。
なぜシャンパンを飲むのか。それはインスタ映えするから。それだけ。
さほどアルコール好きではありません。
俺がスタッガードシートに座れなくて残念がってきたことがチェックインカウンターから引き継がれていたようで、機内でもパーサーとビジネスクラス担当クルーから「本日は機材変更により狭いお座席で申し訳ございません」と個別アプローチされました。
すっかりクレーマー扱い。笑
クレームはしてないからね。
シャンパンに次いで機内食。和食と洋食のチョイスで、和食にしました。
んー。味は少しタンパク。
でも、ANAといえば機内食の量が少ないことで有名ですが、量的には満足できるものでした。
ラウンジでカレー食ってたおかげかもしれないけど。
クルーは常に乗客の様子を見ていて、食べ終わったトレーを下げて欲しかったり、ドリンクのお代わりが欲しかったりするとすぐに来てくれて気持ちよかったです。
さすが5スターエアライン、ANA。
JALのこなれた感じのサービスも好きですけどね。
定刻より30分ほど早く香港に到着しました。
ペッパーがおった。
ここから、フェリーに乗り継いでマカオに行きます。
次に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA