城かよっ。エクシブ有馬離宮宿泊記

前回書いた通り、大阪滞在中に有馬温泉に1泊してきました。
宿はこちら。
エクシブ有馬離宮。
エクシブは、リゾートトラストって会社が運営する会員制のリゾートホテル。
全国各地にリゾートホテル建てて、共同所有のオーナーになった人が会員として宿泊できるというなんだかバブルを思わせるシステム。
リゾート会員権って近づいたらダメ、、、ダマされる、、、ってイメージ。笑
でもリゾートトラストにはエクシブが始まる前にサンメンバーズって比較的お気軽な会員システムを販売していたらしく、うちの母親がその会員になってるんですね。
50万円しないぐらいで会員になれたって言ってた。 
たぶんバブルの頃に会員権買ったんだと思います。
エクシブの会員権システムがスタートしてからサンメンバーズの会員権販売は終わったそうですが、サンメンバーズの会員制度自体は続いていて、今でもエクシブのスタンダードルームに泊まれるそうな。
と、ゆーわけで、母親から利用券1枚譲ってもらって泊まれたわけです、エクシブ有馬離宮。
以前家族旅行でエクシブ京都八瀬離宮ってところ泊まってとてもよかった記憶があったので、おねだりね。笑
ちなみに、利用券があるからって無料で泊まれるわけではなく、宿泊代は宿泊代でかかります。
俺はそこに「会員権ってバカらしー」って思うのですが、まぁ施設の豪華さの割に割安は割安なので、「それなら普通のホテルに泊まればいいやん」とまでは言いません。
今回、スタンダードルームに1泊朝食付きで、諸税込み19503円でした。
まぁさすが会員制ホテル。
館内は白系のお召し物に包まれたオシャレなマダムと実業家的な雰囲気の青年たちがたくさん歩いてましたよ。
エレベーターとかお風呂とかで聞こえてきた会話から判断するに、青年たちはたぶん自営業の経営者だね。飲食とか美容院とかかね。
っと、他人のプライバシー詮索はやめて、館内のご紹介。
ホテルの大きなドアが開くと、片側が俺みたいなオーナー以外のゲスト向けのビジターチェックインカウンター、反対側がここのホテルを共同所有しているオーナー向けのチェックインカウンターになってます。
俺が見ている範囲では、ビジターカウンターの利用者が多かった。
チェックインしたら、部屋をワンランクアップグレードいたしましたと伝えられました。
お。ありがとうございます。
客室に続く廊下がすでに豪華。
さて、客室の中はどんな感じかなー。
なんか和風の飾りが置かれたリビングスペース。
いい感じ。
そしてその横には寝室。
和洋折衷な感じでいいねー。
2台のベッドがなんとも雰囲気あるけど、ワタクシ、男1人で宿泊ですよ。
以前泊まった京都八瀬離宮もそうだったけど、もう1部屋、和室もあります。
なんてゆーの?オシャレ畳。
ただ、リビングスペースのソファーがでかくて居心地よくて、この和室はほとんど使う機会ありませんでした。
このホテル大浴場があるので部屋のバスルームは使いませんでしたが、ちゃんと日本のお風呂でした。
わかるかな。バスタブの外に洗い場がある日本式のお風呂ね。
普通のホテルだとスイートルームになるレベルの部屋なので、まぁ確かにこの料金で泊まれるのはお得はお得ですかな。
窓からは山々が見えます。
敷地内は水をうまいこと張り巡らせてますね。
ロビー階におりて、中庭に出てみよう。
まず、ロビーから庭に向かう廊下のこの回廊感。
城かよっ。RPGかよっ。
そして中庭に出るとこんな感じ。
やっぱりRPG感。
植木の根元に鍵が隠れてて、それを拾うと噴水の裏の扉が開いて地下ダンジョンに入れるんでしょ?
まぁ現実は地下にあるのはダンジョンじゃなくて大浴場ですが。
常に人がいて写真撮れなかったけど、露天風呂がとてもよかった。
山に向けて大きく開けてて、開放感のあるお風呂でした。舞台的な。
で、風呂後にアイスクリーム食いてーと思って売店に寄ったのですが
真ん中の段、リゾートトラストオリジナルのアイスクリーム。
ホテルだけじゃなくてアイスクリームまで作ってんのな。
しかもハーゲンダッツより高い。
買いましたよ、せっかくだからね。
普通にうまいです。
バニラアイスでまずいとかないしね。
その後また夜の中庭に出て夕涼みしました。
あ、余談ですが大浴場の混み具合は自室からテレビモニターでわかるようになってましたよ。便利だね。
さて翌朝。
朝食です。
和食、洋食、ビュッフェの選択から和食を選びました。
天井が高くてガラス張りで開放感のある店内。
なんかいろいろ説明されたけど、覚えてないから写真だけで許してチョ。
美味しかったです。はい。それしか覚えてません。笑
その後朝風呂に入って、少し部屋でゴロゴロしてチェックアウトしました。
会員権バカらしーとか思ってたのに、チェックアウト後はすっかり満足して、Googleで会員権について調べている自分がいました。
結論は「しがないサラリーマンには手が出せない」でしたけどね。泣
また親に泣きついて利用券だけ譲ってもらうことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です