キャセイA350-1000 ビジネスクラス

7月の旅行記の続きです。

イスラエル旅行を終え、キャセイパシフィックのビジネスクラスで香港に飛び、ラウンジで乗継までの時間をつぶしたところまで書きました。

ここからまたキャセイで台北に飛びます。

テルアビブから香港まではA350-900でしたが、香港から台北まではA350-1000。

A350はいい顔だなーやっぱり。イケメン!

A350-1000はこの前に乗ったA350-900より長く大きい飛行機で、ビジネスクラスシートが並ぶ姿も圧巻。

-900は19列目で途切れてドアとギャレーがあるけど、-1000は23列目までシートが並んでますよね。

シート自体は同じ。キャセイおなじみのヘリンボーンです。

ウエルカムドリンク、オレンジジュースにしました。

機内食メニュー。短距離便だからシンプルなメニューですね。

まぁほぼ国内線みたいな距離だもんな、香港台北。メニューがあるだけすごい。

定刻で離陸しさっそく食事サービス開始。

点心にしました。

朝食なので量は少なめ。

そんなに腹減ってなかったので満足です。

あ、この便は短距離なのでアメニティーポーチはありません。

食後に持参した歯ブラシで歯を磨き、お茶をもらってくつろいでいたらもう到着。

やっぱ近いな、香港から台北は。

この前のテルアビブー香港フライトでは少しがっかりしたキャセイですが、このフライトはよかったです。

キャセイの強みって意外と長距離じゃなく短距離なのかな。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA