グアムは安全です。

新型肺炎のブログをあまり書きたくないんだけど、ニュースもネットも開けばその話題ばかりなのでグアムの現状を少し書きます。

グアムは2月4日現在、感染者や感染を疑われる人は出ていません。

グアム自体が他の国とは切り離された島で、フライトが飛んでいる国も限られていることが大きいと思います。

フライトが多いのは日本と韓国、あとはマニラ、周辺の島、ハワイぐらいかな。

以前は上海便や香港便がありましたが、ずいぶん前に運休しています。

のんびりした島ですが、アメリカの一部なので衛生管理はしっかりしていると思います。

例えばレストランのウェイターや美容師、エステティシャンなどお客さんと密接に接する仕事は、1年に1度感染症にかかっていないか血液検査を受けて、保健所からHealth Certificateという許可証をもらわないと働けません。

レストランや美容院など施設そのものも、抜き打ちで保健所のチェックがあったりします。

なので、現時点で新型肺炎を心配してグアム旅行をキャンセルする必要はないと思います。

住んでいる俺の実感です。

あと、日本で感染者が出てしまっていますが、それを理由に日本人の入国が拒否される、ということもありません。

ただグアムはアメリカの一部なので、アメリカ本土同様に最近中国に渡航した人には渡航制限がありますので気をつけてください。

アメリカ国籍やアメリカ永住権、またはアメリカ人家族などを持たない外国人(もちろん日本人も)がグアムに来る場合、14日以内に中国に渡航したことがある場合は入国ができません。

今のところ対象は中国本土への渡航歴のみで、香港やマカオ、台湾への渡航歴は関係ありません。

状況は常に変化するので、最新の情報はアメリカ大使館のウェブサイトや各旅行会社、航空会社からの情報を確認してください。

俺は公衆衛生の専門家でも何でもないですが、これからグアムへの旅行を予定している人が心配しているかもしれないので、とりあえず現状を伝えておきます。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2 Replies to “グアムは安全です。”

    1. 今のところグアムはそういう話は全くないですね。サイパンも、ミクロネシアにはあるもののアメリカの自治領でありミクロネシア連邦の一部ではないので今のところ日本からの入国制限はないです。
      早く状況が落ち着くことを願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA