ショック!マリオットが使い捨てシャンプー廃止

昨日2019年8月29日付でマリオットグループは、今後、1回使い捨て容器によるシャンプー、コンディショナー、ボディージェルの提供を廃止するという発表をしました。

これはなかなか驚きです。

今後はポンプ式の大きな容器を用意する、ということです。

すでに北米のホテルでは切り替えがされてるようですが、2020年末までに世界中の系列ホテルに拡大するとのこと。

目的は地球環境に配慮し、プラスチック廃棄量を減らすこと。

年間でアメニティーのためのプラスチック使用量を30%削減できる、としています。

マリオットが発表した動画をどうぞ。


(この動画はYoutubeの埋め込みコードを利用することで著作権およびYoutubeの規約に抵触しないかたちで貼っています)

日本国内にもマリオット系列のホテルはたくさんあります。

マリオットはもちろん、シェラトン、ウェスティン、リッツカールトン、セントレジスなどなどみんなマリオット系列です。

それらすべてで使い捨てのシャンプーなどがなくなる、と考えるけっこう大きなインパクトですね。

プラスチック製ストロー廃止が一気に広がった時のようにいろいろなホテルが追従するかもしれません。

実はマリオットに先立ち、クランプラザやインターコンチネンタルなどを擁するIHGグループがすでに使い捨てシャンプーの廃止を発表しています。

こうなると、ハイアットやヒルトンといった他のメガホテルグループの動向が気になります。

個人的には、使い捨てのシャンプーは好きです。

なぜなら、使わなかったら持ち帰って次回の旅行の時に使えるから。

ペニンシュラではオスカーデラレンタブランドのアメニティーを置いていますが、デザイナーのオスカーデラレンタはそのことについて「ホテルでアメニティーを使わなかったら自宅に持ち帰って使うだろう?私もそうだ。我がブランドの顧客がニューヨーク五番街のペニンシュラの前を通るたびにオスカーデラレンタのことを思い出してくれるだろう」って発言しています。

そうなんですよね。

例えばマリオットのTHANNとか、ヒルトンのクラブツリー&イヴリンとか、ペニンシュラのオスカーデラレンタとか。

アメニティーを持って帰って使う時に、そのホテルのことを思い出したり、今度ここのブランドのプロダクトを買ってみようかなと思ったりするんですよね。

それがなくなっていくのは寂しいな。けっこうショック。

でも、地球環境のため・・・と言われると、これは反論できないし・・・仕方ない流れなのですかね。

多少利便性を犠牲にしても、エコフレンドリー(と、ホテル運営のエコノミー)って大きなリターンのためには仕方ない、か。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2 Replies to “ショック!マリオットが使い捨てシャンプー廃止”

  1. こんにちは、これは残念な発表です。
    マンダリンオリエンタルバンコクでレモングラスのオリジナルアメニティー、レモングラスの香りでマンダリンオリエンタルを思い出すようなところがあって。
    貧乏くさいと思うけれど、例えばマリオットに泊まるかどうか検討する時はTHANNの小瓶も含めて宿泊料金を計算しています(笑)
    ただ、例えばシェラトンのShineブランドの小分けボトルとか、使わないクオリティーの小分けボトルって無駄になったりして。どっから家で使うレベルのもので、どっから使わないものなのかって人によって違うし、何とも言えませんね。
    選ばせてくれればいいのになって思いますが。
    ところで、以前グアム行く際に食事を誘って頂きましたが、バカンスだから二人きりでゆっくりしたい、と相方から希望あり、せっかくのお誘いですが、またの機会にさせてください。お誘いいただきありがとうございました。

    1. こんにちはー。ほんと、残念な発表ですよね。
      マリオットのTHANN、持ち帰って重宝してたのになぁ。リッツのAspreyも。
      ヒルトン系が追従しないことばかり祈ってます。
      グアム旅行の件、了解です!ナンパじゃないですからね、一応言っとくけど!w  彼氏さんとグアムお楽しみください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA