メールの設定。POPをIMAPに

仕事をする上でメールは欠かせないツールですよね。

今どきは社内でのコミュニケーションはメールを避けてイントラネットのチャットやらMicrosoft Teamsやらを使ってたりすると思いますが、うちはメールが主力。

うちの会社のメールは、メールをサーバからパソコンにダウンロードするPOP形式と、使ってるパソコンからサーバ上のメールを参照するIMAP形式、どちらでも使えるようになっています。

で、入社時にITに頼まず自分でメールの設定をした俺は、深く考えずにPOPを選んじゃったんですね。

これが大きな間違いだった。

その先長く後悔することになりました。

POPは、基本的に1台のパソコンでメールを管理することを想定しています。たぶん。

例えば複数のパソコンのメーラーで同じメールアドレスを使えるように設定しても、あるパソコンですでに読んだメールは、別のパソコンではまだ未読のままです。

あるパソコンでそのメールをフォルダ分けしても、それは別のパソコンでは反映しません。

メールをパソコンにダウンロードしちゃうので、その1台のパソコン上で全て処理するようになってるわけですね。

対してIMAPは、あくまでサーバ上に保存されたメールを参照するかたちなので、どのパソコンからアクセスしても、常に同じ状況になります。

あるパソコンのメーラーでメールを削除したら他のパソコンで見ても削除されてるし、フォルダ分けもそのメールアドレスを設定している全ての環境で反映されます。

便利。

俺はご存じの通りよく旅行に行くので、仕事でメインで使っているパソコン以外に個人のパソコンにも会社のメールを設定しています。

なのに、メールがPOP形式なせいで、旅行中にすでに処理したメールも会社に戻ってパソコン開くと全て新規メールとして未読状態で受信されるから、とーーーってもストレスだったんです。

旅行後は400件とか500件とかのメールに埋もれる日々なのです。

いつかIMAPに変更しようとずっと思っていたんですが、POP設定をした時に「サーバからはメールを削除する」という設定を選んでしまったために、過去のメールはIMAPで設定するともう戻ってこない。

メールを多用している人あるあるだと思いますが、俺のメールはすでに半データベース化していて、過去メールを参照することが多々あります。

なので、過去メールを残すためだけに仕方なくPOPを維持していたところもあります。

しかし、一念発起。

今日!ついに!ついに!

そんなドロ沼POP地獄から脱出。

念願のIMAP化を成し遂げたのです!

いえーい!

何か解決策はないか調べたら、一度サーバから削除したメールも、IMAPでメールを設定して、POPで受信した過去のメールをそこのフォルダにコピーすれば、パソコン側からサーバ側にアップロードされる、つまり一度サーバからダウンロードして削除してしまったメールを再度戻せる、というではないですか!

こりゃーやるしかない!

ちょうど日曜日だからあんま新規メールも来ないし!

ってことで、数時間かけて、消えたメールたちをサーバに戻し、過去のメールも全てそろった状態でIMAP化に成功したのです。いえーい。

ローカルからサーバにアップロードするメールの容量が10GB近くあって、そうとう時間かかりましたけどね。汗

ってか、うちのメールサーバにどれだけ容量があるのかITに確認してないので、「ひとりで使いすぎ」って怒られないかちょっと不安だけど。笑

しかしこれで、旅行中も旅行後も快適にメール処理ができます。

やれやれ。

数年来のストレスが解消しました。

反省は、入社時にテキトーにメール設定をしたこと。

ITに最初から「IMAPで設定してー」って依頼すれば、こんな自分であくせくすることもなかったんだよね。

でも、ほら、自分で設定把握しとけば、パソコン買い替えたりしてもいちいちIT呼ばず自己解決できるじゃん。

ね?ね?←言い訳

そんなことみんなどうでもいいと思うんだけど、このすっきり感を共有したくてブログにしちゃいました。

以上でーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA