在外公館でパスポート更新

グアムの日本総領事館でパスポートを更新しましたー。

在外公館でのパスポート更新って少し珍しいかなと思うのでブログにしておきます。

そもそも俺はアメリカに5年間滞在できるビザを持ってグアム在住まもなく丸5年。

なので、ちょうど会社を通じてビザを更新する手続きをしています。

パスポートはもちろん日本のものなのですが、こちらは2023年まで有効。

「あれ?まだ有効期限あるじゃん」って?その通りです。

その通りなんですが、俺、しょっちゅう旅行行ってるので出入国スタンプおすページがあと3枚ぐらいしか残ってないんですね。

そうすると、ビザ更新してすぐにパスポートを取り直すことになりかねない。

そうなると、アメリカビザは古いパスポートに貼られているので、グアムから出る度に新旧パスポートを持ち歩くことになるんです。

それが嫌なので、ビザ更新前にパスポートを更新したい、というわけ。

これで新しいパスポートに新しいビザが貼られるから旧パスポートにはサヨナラできますね。

ってことで、1週間前に行ってきましたよ、日本総領事館。

在ハガッニャ日本国総領事館ってのが正式名称。

ちなみにフィリピン領事館も同じフロアにあるみたいですね。

ここでパスポート更新をするには145ドルとパスポートサイズの証明写真、そして今のパスポートが必要です。

戸籍謄本とかは不要でした。

145ドルってのはだいたい日本国内で10年パスポート更新するのと同じぐらいですね。

在外公館だから高いってことはないです。

ちょうど領事館入ってるビルの近くに証明写真撮れる店があるので証明写真はそこで撮ってもらいました。

さくっとデジカメで撮ってさくっとプリント。

美肌加工とかしてくれよ。

その詐欺ってない証明写真を持って領事館でパスポート申請書を記入し、古いパスポートを提出すれば申請は終わりです。

パスポートの有効期限がまだあるので更新ではなく増補をすすめられましたが、いまのパスポート少し水濡れしてるし、新しい気持ちで次のグアムライフ5年を迎えるために更新することにしました。

ちなみにグアムの領事館ではパスポート発給まで1週間でした。

この期間は場所によって少し違うみたい。

例えばシンガポールの総領事館だと4日、香港だと3日ですが、ニューヨークやサンフランシスコはグアムと同じ1週間となっています。

まぁ期間もおおむね日本国内でパスポートとるのと同じぐらいですね。

そして1週間経った今日、145ドルを現金払いしパスポート受け取ってきましたー。

古いほうのパスポートはVOIDの穴があけられています。

と言ってもまだ中に更新前の有効なアメリカビザがあるので、そのページには穴はあいてませんよ!

ビザ更新まではこのパスポートも持ち歩く必要がありますからね。

見て見て。

古いパスポートは発行官庁がMinistry Of Foreign Affairs(外務省)だけど新しいほうはCosulate-General Of Japan In Hagatna(在ハガッニャ日本国総領事館)になってる。

なんかうれしい。

さ、次はビザの更新手続きだ。

いや、本番こっちのほうですよ。。。

日本人が日本のパスポートはとれて当たり前だけど、ビザはいったん日本に帰ってアメリカ大使館で面接とかあるから。。。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA