大学生の自分が想像できなかった現在

今年36歳になる俺。

ありきたりなことを言うけれど、歳をとればとるほど時間の流れが早くなり、あっという間にこの歳にいたった気がします。

大学生だったのはもう15年ほども前。

改めて考えるとひと時代前だよな。

あの頃の俺が想像していなかったことも、この15年間にいろいろ起こりました。

と、いうわけで。

大学生の頃の俺には想像できなかった今の俺の現実、5選!

1. グアムに住んでいると思わなかった。

大学生の頃はシドニーに住むのが夢でした。

高校生の頃は大阪に住むのが夢でした。

グアムなんて眼中になかった。笑

2. 過食症が治っていると思わなかった。

高校時代から10年ほど、食べて吐いての過食症を抱えていました。

まさか、、、吐かない日がくるなんて。

3. 管理職になっていると思わなかった。

部下をもつとか全く想像していなかった。

部下も上司もなく、ひとりで完結する仕事をしている予感がしていたけど、そうはならなかった。

4. タチになると思わなかった。

ゲイの関係性で、男役がタチ、女役がネコです。

20代半ばまでは年上大好きのネコだったので、まさか年下の子を好きになったり、タチになったりするとは。

5. 「セックスしたい」と言えるようになるとは思わなかった。

若い頃ってきれい売りしようとするよね。

「彼氏ほしい」「セックスしたい」と言うのはすごく恥ずかしいと思ってた。

言わなくても自然と彼氏ができて、自然とセックスもできるものだと思ってた。

今は、欲しいものは欲しいとはっきり言わないと伝わらない、と思っています。

あの頃の俺は今の俺を見て喜ぶかな。嘆くかな。

そして、次の15年にはどんな想像外のことが起こるのかな。

楽しみ半分。不安半分。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA