新しいSamsoniteスーツケースもらった話

一時帰国からグアムに戻ってきた後の話。

入国手続を終えてスーツケースを押していたら、みょうに違和感があることに気が付きました。

スーツケースがまっすぐ立たずぐらぐらする。

もしかして?と思って確認すると、やはり車輪が取れかけていました。

スーツケース本体が少し割れて車輪がめり込んでいる状態。

あー。壊れちゃったか。

車輪やハンドルといった部分は免責扱いになって航空会社では修理してくれないこともありますが、とりあえず到着フロアにあるユナイテッド航空の荷物センターに向かいました。

が!

到着した22時台にはすでに営業終了でドアが閉まっていました。

最後の便の乗客出てくるまでは開けといてよ〜。

と思いましたが、まぁ今フライトも乗客も少ないしね。仕方ないか。

たぶん本当はチェックインカウンターに行ってユナイテッドのスタッフに声かけたほうがよかったと思うんですが、後日荷物センターの営業時間内にまた戻ってくることにしてその日は帰宅しました。

車輪だし修理はあまり期待していなくて、欲しいのはPIR(手荷物事故報告書)だったので。

それがあると、クレジットカード付帯の保険でたぶん修理代が補償されるんです。

PIR発行は航空会社に負担はないので、ユナイテッドならたぶん後日でもしてくれるはず。

いや、確信があったわけではないですけどね。

「到着時に確認してないから、うちのフライトで壊れた証拠がない」ってはねられる可能性も十分あります。

が。今回は、そもそもこのスーツケースもう古くなっているし、ユナイテッドが何もしてくれなかったら自腹で買い直しでもいいかなという覚悟があったのです。

なので、結局スーツケースを持って空港に戻ったのは3日も後。

翌日から休暇明けで仕事忙しくて、とても空港行くどころじゃなかったんだよ〜。

3日後やっと余裕できて荷物センターでスーツケースを見せるとすぐにPIRを発行してくれました。

よかった。

これで修理に出せば費用は保険請求できるなー。

そう思っていたら、荷物センターの人から「ユナイテッドで修理するけど1ヶ月ぐらいかかる。それでもいいか?」と確認されました。

え?!修理までしてくれるの?

良心的〜。そうしたら、わざわざ保険使って費用の精算とかする必要ないじゃん。

しばらく旅行いかないし1ヶ月なんて全然OK。

お願いしまーす。

というわけで、スーツケースを預けてきました。

修理はたぶん、自社のフライトでフィリピンに送ってフィリピンで行うんだと思います。安いから。

前に別のスーツケースが壊れた時、そうでした。

それから数日経過。

知らない番号から電話が。出てみるとユナイテッド航空でした。

グアムではない他のところの荷物センターのようでした。表示されている番号はアメリカ本土。

そしてこう言われました。

ユナイテッド職員「預かったスーツケースを見たんですが、修理できる範囲を超えていました。申し訳ないのですが、新品のスーツケースを送ってもいいですか?」

えーーー?いいの?!

ユナイテッド職員「同じサイズのものを用意します。ただ同じ紺色のものが今なくて。黒になってしまうんですが、どうでしょうか?」

もう全然OKです。修理提案してくれただけありがたくて、いざとなったら自腹で買い直そうと思っていたぐらいなので。

快諾すると「では自宅に送ります。明後日までには発送します」と言われ、電話は終わりました。

郵便ではなくユナイテッドの自社便で送られてくるので早いはず。

そう思っていたらやはり、1週間後にはグアムのユナイテッドから電話が来ました。

「スーツケースが届いているので、空港まで取りにきてください」

やっぱり。笑

日本ほど配達網の発展していないこのグアムで自宅に届けてくれるはずないと思っていたんだ。笑

自宅から空港まで15分だし、空港駐車場も15分以内なら2ドルだから全然いいですよ。

ってことで、次の休みの日に空港へ。

またまた来ました。ユナイテッドの荷物センター。

スーツケースを取りに来たことを伝えると、箱に入ったままの新品スーツケースを持ってきてくれました。

どんなスーツケースかなー。

箱はいらないので、その場で開封。

さ、サムソナイトやーん。

俺が預けたスーツケース、マイナーメーカーの安ーいやつですよ。

こっちのほうが絶対高い。

いや、もちろんユナイテッドは業者価格で安く買ってるんだろうけど、それでも俺のスーツケースよりいいヤツなの間違いない。

ユナイテッド、ありがとう。

いつもサービスはイマイチって思ってたけど、今回はとても感謝です。

ちなみに壊れたスーツケースのほうは返ってこず、そのまま処分されたようです。

壊れたままじゃ邪魔になるからもちろんそれでいいんだけど、これまで活躍してくれたお礼を言えなかったな。

2015年にグアムに来た時にはそのスーツケースに荷物入れてきたから、それより前に買ったんですよね。はっきり覚えていないけど。

ロンドンでロストバゲージでなくなったり、いろいろあったな、あのスーツケースも。

たくさん活躍してくれて、ありがとう。感謝。

安らかに眠ってください。

これからは代わって、この黒いスーツケースにたくさん活躍してもらいます。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2 Replies to “新しいSamsoniteスーツケースもらった話”

  1. ユナイテッド航空ってそんなサービスもしてくれるのですね!
    なかなかやりますな~我らがユナイテッド航空(笑)

    1. さすが我らがユナイテッドですよね。笑
      アジアの航空会社みたいな丁寧さはないけど、いざとなったら太っ腹!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA