消毒用アルコールがまだ不足

新型コロナのせいでほんのつい最近までマスクが絶対的に不足していました。

しかし、日本もそうだと思いますが、グアムも最近はスーパーなどで使い捨てマスク、再利用可能マスクともに山積みで売られています。

中国語表記のパッケージに上から英語ラベルを貼っているものが多くアメリカ製マスクは少ないですが、まぁそれも時間の問題でしょう。

いっときは使い捨てマスクを水洗いして再利用していましたが、もうちゃんと毎日新しいマスクを使えます。

マスクだけでなくハンドサニタイザーも数ヶ月前はなかなか手に入りませんでしたが、今はスーパーやKマート、ホームセンターなどで十分な数が売られています。

値段もまとも。

グアム政府が早い段階からコロナに便乗しての値上げを明確に禁止したおかげで、品薄だった時も値段の高騰はあまりありませんでした。

ハンドサニタイザーは中国製より韓国製を多く見かけましたがなぜですかね。

まず韓国語表記の上から英語ラベルを貼ったハンドサニタイザーが出てきて、次に全て英語表記だけどMade in Koreaと書かれたハンドサニタイザーが売られ、最近はMade in USAと書かれたハンドサニタイザーも売場に戻って来た感じがします。

しかし、マスクやハンドサニタイザーと比べてまだ品薄なのが、アルコールです!

お酒じゃないですよ。消毒用のアルコール。

日本ではエタノールがメインですが、こちらではエタノールだけでなくイソプロピルアルコールという工業用アルコールもよく売られていました。

が!最近でもまだエタノール、イソプロピルアルコールともに品薄で、スーパーやホームセンターを何軒か探してやっと見つかる、という感じです。

この前ホームセンター行ったら、運良く在庫に出会えたで買ったのですが。。。

こんな危険物感たっぷりの缶ですよ。

ひとり2缶までに制限されていました。

でもなんか缶だと怖い感じがするw

爆発物とかのイメージがあるからかな?

もっと使いやすい商品だと、今日スーパーで韓国製の消毒用エタノールスプレーも売っていたので購入。

これもまだ1人1個のみに制限されていました。

アルコールもこれから少しずつストックが戻ってくると思うので、今は辛抱です。

日本はアルコールももうどこでも売っていますか?

職場でも家でもやっぱり今はデスクや持ち物の消毒にアルコールが欠かせないので、早く以前みたいにどこでも販売されている状況に戻ってくれるよう願っています。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

One Reply to “消毒用アルコールがまだ不足”

  1. ハンドサニタイザー系はドラッグストアやドンキで山積みですね。ただ、韓国や中国製のものが大半で、以前のように日本のものはほぼ見かけないです。。海外製のものは香りがちょっと苦手なので、夏の間に出回らないかなーと思ってます。またきっと秋冬には品薄になるでしょうし。

    南の島は入国制限が緩和されつつあるようですね!少しずつビジネス限定での緩和はされそうなんですが、観光だと仮に行けても日本帰国時の制限がありそうで(国の要請仮になくても会社からは言われそう)、海外行けなくてうずうずしてますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA