自分の精子を観察してみた

TENGAから出てる精子観察ルーペで自分の精子を観察してみた。

中を開けると、こんな感じでケースとピンが入ってます。

このケースに射精して、まず左側のメモリで精液の量が正常かはかるらしい。

で、それからピンで精子をルーペにすくって、専用のレンズをセットしたスマホのカメラで観察って流れ。

こんな感じ。

もちろん精液のせる前の写真だから安心してね。

専用のアプリにチュートリアルがあって、やり方は説明してくれます。

出したばかりの精液は粘着力が高くて観察しにくいから、10分ぐらい置いて液状化してから観察するのがいいらしい。

専用アプリで精子が動いてる動画が撮影できます。

日のコンディションによっても精子の状態は変わるらしいので、その日の状態を録画しておくことで後日比較できるんだね。

精液をルーペに乗せるためのフィルムは4枚入ってたので、4回は観察できます。

ちなみに俺の精子は元気に動き回ってたのでたぶん正常です。よかった。

でももかしたら精液に含まれる精子の量はやや少ないかもって感じでした。

まぁゲイだから精子なくても困らないんだけどね。精液がなかったらやや困るけど。

ブログに載せようと思って精子のスクリーンショット撮ったけど、不快に思われるかもしれないのでやっぱやめときます。

TENGAの精子観察キット、1500円ぐらいで買えるので、自分の精子の状態が気になる人はとりあえず気軽に観察してみたらどうでしょーか!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2 Replies to “自分の精子を観察してみた”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA