10日間への隔離短縮手続き(2021年11月時点)

前回、2021年11月の日本帰国時に必要な隔離とMy SOSアプリについて俺の体験を紹介しました。

今回は隔離期間の短縮について書きます。

現在、基本的に日本入国後の隔離期間は14日間です。

一部ビジネス渡航の場合は隔離が3日に短縮されましたが、要件や制限が多すぎて現実的に利用できるのはごく一部の入国者に留まると思います。

到着翌日を1日目と数えるので、例えば11月1日に入国したとすると15日まで隔離で、翌16日から自由に行動できるようになります。

それが、入国から10日め、この例でいうと11月11日に自腹で自主的にPCR検査または抗原検査を受けて陰性証明を提出すると、翌日以降の隔離が免除されます。

たった4日間の短縮ではありますが、入国者健康管理センターの監視と管理から数日でも早く離れられるのはうれしいので、俺も検査を受けました。

ちなみに検査はどこで受けてもいいわけではなく、厚生労働省のウェブサイトに載っている検査機関での検査結果でないと許可されません。

俺は前に利用したことあるチームメディカルクリニックへ。

この検査受信のための外出は隔離期間でも認められますが、公共交通機関は使えないので歩くか、レンタカーか、帰国者対応ハイヤーか、家族などに送ってもらうかになります。

事前にクリニックには、隔離期間中であることを伝えて予約しました。念のため。

これも対応してくれる検査機関と、そうでないところがあるようなので注意。

15分で検査を終え、また隔離場所に戻って検査結果を待ちます。

即日検査結果が出ないところもあるのでそこも要注意。

チームメディカルクリニックは6時間以内となっていましたが、実際は3時間後には陰性証明が届きました。

早い!助かる。

すぐにMy SOSから入国者健康管理センターに提出。

すると、そこからまた数時間でMy SOSから受理通知が届きました。

これで、翌日からの隔離免除が確定しました。

受理時点からでいいじゃん、、、と少し思うけど、そうすると「受理はまだか!」って問い合わせが増えるからかな?

そして翌日の朝、My SOSから入国者健康管理センターとの連携解除の通知が出て晴れて自由の身です!

たった10日間だけど長かったー。

これで自由の身。

次回から、やっと通常の一時帰国記です。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA