業務電話

海外本社に用事があって電話する時。
電話に出た相手が女性スタッフだとホッとする。
男の人の英語、聞き取りにくい(汗)。

キャセイパシフィック航空さんに電話する時。
保留中に流れる「I CAN FLY~♪」の曲を、つい自分も口ずさんでいる。

某航空会社の‘お客様向け’手荷物窓口に電話する時。
「はい、LLです」という第一声に「ん?」と思う。(LL=航空会社の中で、手荷物事故を扱う部署。)

他社に電話する時。
こちらの「お世話になっております」という挨拶への返答が「あ、はい、お疲れ様です」だと「んン?」と思う。

しばらく電話していなかった他社に電話する時。
電話保留音が以前と変わっていることに気がつくとついニヤリとしてしまう。

一度二度しか話したことのない他部署のスタッフから電話がかかってきた時。
名乗る前に「あ、遊己さん」と言い当てられるとニヤリニヤリとしてしまう。

経理部から電話がかかってきた時。
「今、ちょっとよろしいかしら?」という前置きがあるとドキリとする。

これ、俺だけ?

4 Replies to “業務電話”

  1. 経理部から電話がかかっても間違い電話だからね~ うちの場合。
    前の会社では、小さかったから経理のおばちゃんが直接席にきてくれたし…

  2. 他社に電話して、こっちが“お世話になっております”なのに
    『お疲れ様です』と返ってくると、変だな~、と思います。
    前の会社でその辺怒られたからね。

  3. > ひこ
    うちは経理部が東京にあるので・・・怖いっすw
    > トライスター
    弊社のハンドリング会社の方は、よく「お疲れ様でーす」って電話してきますよw
    若いスタッフだけだけど、もちろん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA