学生時代のバイト先とまさかの縁

なんか、不思議な縁を感じることが多い今日この頃です。

俺のことを10代の頃から知ってる人ならご存じだと思いますが(いるのか?)、俺のキャリアは、学生時代、愛知県内のとある地方ホテルのフロントでアルバイトを始めたことから始まります。
当時はそのバイトが楽しくて楽しくて、バイト終わってタイムカードおしても何時間も職場に残ってて、社員さんに「はよ帰れ」って言われてたほど。
ホームページの日記で当時のこと振り返ると、「今日はバイトでした」ばかり書いてるもんな。
ちなみバイト始めたのは2013年の3月だったらしい。
ネットで日記書いてると、そういう忘れてることも記録されてて便利です。
当時は英語が苦手で外国人のお客さんの対応に苦労してたことも記録されてて、なんか初々しい当時の自分が可愛い。笑
で、その後、大学を卒業してからは正式にホテル業界に就職し、その後航空業界に転職し、そしてまた別業界に転職して今の海外での生活があるのですが、なんと最近、学生時代にバイトしていたホテルとご縁のある方と出会いました。
そのホテルの系列の会社にいらっしゃった方。
まさか海外生活で、10年以上前に日本の地方都市でお世話になっていたバイト先とご縁のある方と知り合うとは。
もしかして、大学時代にそのホテルでバイトしていたことから、その後留学して英語を身につけたこと、航空業界に入ってマネージメント的な仕事を経験したことも、全ていまここG島での仕事をするための下準備だったのでは?と思えてきました。
いや、まさかなんだけど、そう感じるほど最近不思議な縁が多くて。
働く会社も、その業界も、住んでる街もころころ変えてきたのに、不思議とその中でつながってるご縁があるんだよね。
いろんな人とつながって生きてきたんだな、ということを痛感する人生33年目の年の瀬です。
人との出会いを大切にしてこれからも生きていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA