JALビジネスクラスで台北から羽田へ

前回の続きで、台北から羽田までのJALビジネスクラス搭乗記です。

香港から台北への便は桃園につきましたが、台北から羽田への便は松山から。

ラウンジはそれほど広くないけど、さくっと朝食するにはちょうどいい。

空港自体が桃園に比べて小規模なので、搭乗時間ギリギリまでラウンジにいれるのもいいですね。

搭乗口。はい、JAL名物優先搭乗の行列。

JALのお客さん並ぶの好きねぇ。

とか言って、俺も並んだけどw

はい、今回の機材はB777-200です。

短距離なのにスカイスイート3でした!

スカイスイート3はキャセイに似たヘリンボーンのフルフラットシート。

ただ、キャセイより少し窮屈な感じがします。

3種類あるスカイスイートの中であまり好きではないシートだけど、短距離フライトはフルフラットにならないリージョナルシートだと思っていたのでラッキーラッキー。

サイドテーブルも広いし。

離陸すると、慌ただしく機内サービスが始まります。

フライト時間短いからクルー忙しいんだろうな。

あられとドリンク。スカイタイムとお茶。

俺の記憶だとからだ巡茶なんだけど、それにしては色が濃いね。ウーロン茶だったっけな?

2ヶ月前の旅行記だからもう忘れちゃった、、汗

機内食は和食です。JALならやっぱり和食だよね。

食後はハーゲンダッツ。

JAL大好きなのに乗るとがっかりすることが少なからずあるのですが、このフライトはよかった。

キャセイもそうだけど、もしかして中長距離フライトだと俺の期待値が高すぎるのかな?

で、短距離フライトはあんま期待してないから「意外といい」ってなるのかも。

マイル転がしてるだけなのに贅沢病ですみません。やや反省。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA