三井ガーデンホテル名古屋プレミア。モデレートダブル客室紹介

前回に続き、三井ガーデンホテル名古屋プレミアの宿泊記です。

14時過ぎにチェックインをお願いしたところ、「チェックインは15時からなので、もう少しお待ちいただけますか?」との案内。

外に出て戻ってくるなら荷物預かるけど、そのままロビーで待つなら、部屋の準備ができ次第ご案内します、ということだったので、ロビーで待つことにしました。

見てると、俺の後にも2組ぐらい同じように早めの手続きをして待っていました。

14時半ごろ、フロントクラークが声をかけてくれ、部屋の準備ができたとのこと。

前精算ということなのでフロントで支払いを済ませ、客室に向かいます。

ロビーから客室に上がるエレベーターがルームキーがないと動かないのはよくありますが、ここはルームキーがないとエレベーターホールにすら入れません。

その後、エレベーターを動かすのにもまたルームキーがいります。

セキュリティがしっかりしてますね。

たぶん、このフロアのエレベーターホール横に大浴場もあるからかな。

大浴場の入口もルームキーで開くタイプの電子錠がかかっていますが。

大浴場については後で紹介するとして、とりあえず客室。

俺の部屋は24階でした。

客室フロアのエレベーターホールの照明がデザインになっていてオシャレ。

全体的に、思っていたより小洒落てます。


では、いよいよ客室。

モデレートダブルルームです。はい。

広さは18.5平米ということで、さほど広くはありません。

ひとつ下のカテゴリーであるセミダブルルームも同じく18.5平米ですが、違うのはベッドの大きさと、部屋の階数。

モデレートダブルは必ず高層階である24、25階になります。

ちなみに一番広い部屋はプレミアツインで、60平米あるそう。

ちょっとしたスイート並ですね。

モデレートダブルの話に戻りますが、ベッドサイドに電源があるのは、ベッドでスマホを触りながら充電できるのでいいですね。

さすが今どきのホテル。

ベッドの向かいにはテレビ。ティーセットなどはテレビ横にきれいに収納されています。

客室からは、こんな感じの景色です。

雑多な感じが名古屋らしい景色。笑


次回は、客室のバスルームと大浴場を紹介します。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA