2004年6月

※ このページは、個人ホームページに載せていた日記をブログに転載したものです。

6月28日(月) 今日、かーーーなり久しぶりに栄のゲイバーに行きました。
今年の目標「ホモ社交界でのし上がる」を達成するためには、もっと顔を広
げなくてはと思って(笑)。
1人でゲイバーに入るのは初めてだったのですが、1軒目のPRINDで
は、スタッフの方も他のお客さんも明るく話しかけてくれて、楽しく飲むこと
ができました。(←ソフトドリンクオンリーだったけど)
一応終電で帰ろうと思っていたので0時頃にPRINDを出たのですが、何
と数分の差で終電はサヨナラ・・・・・。
マジかい・・・・・・・・・・(汗)。
今さらPRINDに舞い戻るのも恥ずかしかったので、2軒目のSWISHに行
って朝まで過ごしました。
ママの「マリーアントワネット願望」がおもしろかった(笑)。
朝方SWISHを出た後、ちょっと怖い(とゆーか気持ち悪い)めに遭いそう
にもなったけれど、無事帰宅することができたし、なかなかに楽しい一夜
でした。

 

 

6月27日(日) 今日はバイトが休みだから遊びに行こうと思っていたのに、ついつい昼寝
してしまった。。。
どうせ家にいるなら、せめて大学の課題ぐらいやるべきだったと後悔して
おります・・・・・。

 

 

6月26日(土) 今日は一日バイトでした。
朝から出勤はかなり久しぶり。
ベッド入れをしなければいけないから男手がいるということで呼ばれたの
です。
「ベッド入れ」というのは、その名の通り、客室にベッドを入れること。
少し前まで、俺がバイトしているホテルで某企業が採用面接を行っていた
ので、一部の客室はベッドを外に出して面接室仕立てにしてあったんです
よ。
今日、男5人で再びその部屋にベッド入れました。
セミダブルベッド8台とダブルベッド1台。
ダブルベッドは格別な重さでした。。。
体力の無い俺は、あんま役に立っていなかったかも。

 

 

6月24日(木) 昨日の日記に書いた通り、今日、おばあちゃんが骨折の手術を受けまし
た。
俺は病院に行くことができなかったのですが、母から「無事、手術おわっ
たよ。体につけられた管(カテーテル?)が邪魔だと文句を言うぐらい元気
だから大丈夫」と報告がきたので、一安心です。
おばあちゃん、今は疲れているかもしれないけれど、すぐにいつもの元気
な姿を見せてくれるよね?

 

 

6月23日(水) 昨日と同じく、今日もおばあちゃんのお見舞いに行ってきました。
今日手術だと聞いていましたが、明日に変更になったようです。
おばあちゃん、昨日より少し元気がなさそうに見えた・・・・・。
やっぱ手術が不安なんだろうなぁ。
担当の先生から手術の説明を聞きましたが、「万が一」の事態はまずなさ
そうなので、ほっとしました。
かなり高齢(88歳)だから、足の骨折の手術といっても体力的に心配だっ
たので。
あとは、おばあちゃんと先生ががんばってくれることを祈るのみです。

 

 

6月22日(火) 夕方からバイトの予定だったのですが、休ませてもらって、小牧市の病院
に入院しているおばあちゃんのお見舞いに行ってきました。
想像していたよりは元気そうで安心しましたが、やっぱ病院のベッドから
動けないのはつらそう・・・・・。
自分がそんな状態なのに、俺や妹に
「何にもやる物がのーて(=無くて)ゴメンのぉ」
とか
「ゆうちゃんの元気な姿が見れてよかった」
とか言ってくれて、ちょっと泣きそうになりました。。。
おばあちゃんへのお見舞いのプレゼントは、俺とおそろいのハンカチと、横
長の写真立てです。
俺と妹の写真を入れて、「おばあちゃん負けないで!」というメッセージも
添えました。
「負けないで」とか「がんばって」はちょっと重いかなぁとも思いましたが、
ほんと、今がおばあちゃんのがんばり時だから。
明日もまた、お見舞いに行く予定です。

 

 

6月21日(月) 今日は、台風の影響で大学は休講でした。
家を出ようとしたちょうどその時、友達から「今日は休講らしいよ」と電話を
もらいました。
やっぱ持つべきものは友達だよなぁ。
危うく、風雨の中を、ざわざ誰もいない教室に向かうところでした。
偶然手に入ったこの休み、何とか有効活用しようということで、俺は名古
屋パルコに服を買いにいきました。
諸々の警報が出ているんだから、家でおとなしくしてろって感じですよね。
ちゃんとおとなしくしていましたよ・・・・・パルコから帰った後は。
服を買ってしまったせいで、何かできるだけの金がなくなった、とも言えま
すが。。。
明日は、大学が終りしだい地元に帰ります。
母方のおばあちゃんが明後日手術を受けるので、激励をしに!
老人によくある大腿骨頚部骨折らしいんですが、折れてからずっと気づか
ずにほったらかしてあったのでけっこーボロボロになってしまっているらし
い・・・・・。
ずっと前から「足が痛い」とは言い続けていたけれど、まさか折れていたな
んて・・・・・。
この手術で、絶対おばあちゃんは痛みもなく元気に生きていけるようにな
ると信じています!

 

 

6月20日(日) バイトの疲れで足が痛い・・・・・。
たぶん、慣れない仕事をしたせいですね。
いつもはホテルのフロントで働いているのですが、今日は初めてホテル内
の宴会場でサービスの仕事をしたんですよ。
人手が足りなくてヘルプ要請がきていたので、フロントの主任と2人で応
援に行ったのです。
もちろん、制服もいつも着ている紺のジャケットではなく、えんじ色のウェイ
ター服(←「モンキー」という名前の制服らしい)。
他のバイト先(結婚式場)でも同じような服を着て同じような仕事をしている
のですが、やっぱ会社が違うとイロイロやり方が違うんですねぇ。
そんな感じで、いろんな人に質問しながらも何とかお客様に料理を出した
りドリンクを出したりしていたら、普段はほとんど話をする機会のない社長
に話しかけられ、「君は何でもやるだなー」と言われました。
普段はフロントで働いているけれど、宴会場や宴会クロークにヘルプに行
ったりしているからかな。
別にほめられたわけじゃないけど、ちょっとうれしかったりして(笑)。

 

 

6月17日(木) 大学の授業&ゼミで俺が発表担当になっている日が迫っているので、少
し忙しい今日この頃です。
息抜きに本を読んだりテレビを見たりはしていますけどね。
今日読んだのは、雨宮処凛さんの『悪の枢軸を訪ねて』です。
明日は中村うさぎさんの『生きる』を読もうかな~。
実は、買ったはいいけれど「そのうち読もう」と本棚に入れっぱなしになっ
ている本がたまっているんですよねぇ。
ところで、この日記を読んでくれている方は中村うさぎさんってご存知です
か?
自分が買い物依存症になったり、ホストクラブにはまったり、美容整形をし
たりするさまを、面白おかしくエッセイとして書いている作家です。
もともとはライトノベル作家で、最近はより一般向けの小説も書いているよ
うですが。
今日、大学の「ジェンダーと文化」という授業で「美しい身体とジェンダー」
というテーマの話を聞いていた時、頭にぱっと浮かんだのが中村うさぎさ
んだったんですよ。
少し前まで俺は、中村うさぎさんのエッセイを読んで「自由な人だなー」と
思っていました。
ブランド物を買い漁って借金地獄に陥ったり、整形で顔が変わることを楽し
んだりしている様子を書いたエッセイを読んで、我々を束縛している文化
的に創られた「美の価値観」「女の価値観」みたいなものに縛られない人
なのかなーと思ったんですよ。
だけど、もしかしたら、文化的に創られた「美の価値観」「女の価値観」
束縛されているからこそ、「美しい女(=文化が規定する価値ある女)にな
ろうとあがく女のパロディ」として自己のアイデンティティを保っているのか
なぁ、と最近思うのです。
そうせざるを得なかったのか、意図的にそうすることによって文化的に創ら
れた「美の価値観」「女の価値観」に疑問を投じているのかはわかりませ
んけどね。
どう思いますか?

 

 

6月13日(日) 昨日の日記に書いた通り、昨日まで2泊で台湾に行っていました。
旅行自体はけっこー楽しかったのですが、その後、車で空港から家に帰る
途中、信じられないトラブルが・・・・・。
なんと、信号待ちの最中に、車が全く動かなくなってしまったのです
(汗)!
走っている最中から、バッテリーの警告灯が点いたり消えたりしていたの
で、ガソリンスタンドに寄ってバッテリーを見てもらったんですよ。
そこで「バッテリーか発電機がイっちゃっているかもしれないけど、エンジ
ンをかけている間は問題ないです」と言われたから、そのまま家に向かっ
て走り続けていたのに・・・・・。
30分後には、車はうんともすんとも言わない鉄の塊と化してしまいまし
た。。。
そこに至るまでが怖かったですよー。
まずカーナビの画面が消え、警告灯が全て点灯し、ウィンカーが出せなく
なり、ヘッドライトも徐々に徐々に弱々しく・・・・・。
友達と一緒だったからまだ助かったけれど、1人だったらめっちゃ心細かっ
ただろうなぁ。
昨日はとりあえずJAFを呼んでうちの隣にある大学の駐車場まで車を運
んでもらい、今日、修理屋に預けてきました。
どこが故障しているのかがまだわかっていないので、修理にかかる期間も
費用も不明。。。
しばらくは、代車(カローラ)生活です。

 

 

6月12日(土) 6月10日から今日まで、大学を休んで友達と2人で旅行に行ってきまし
た。
2泊3日の台湾旅行です。
初日は、10時頃日本アジア航空で名古屋空港を経って、台北到着が現
地時間12時(日本時間13時)だったかな。
11時頃に機内食、15時頃に昼食(小籠包)、19時頃に夕食(ホテルで
のウェルカムパーティー)という感じで食事の間隔がとても短かったので、
かなり苦しかったです・・・・・。
ホテルの客室に体重計が置いてあったけれど、怖くて乗れなかった。。。
この日観光したのは、忠烈祠と中正記念堂です。
忠烈祠では衛兵交代の様子も見学したけれど、あまりにも動きがきっちり
しすぎていて気持ち悪かった・・・・・。
交代が終わったら、微動だにしなくて蝋人形みたいだったし。
衛兵は1時間交代らしいけど、全く身動きせず観光客達に見られ続けるの
はつらいだろうなぁ。
2日目は、九フンと故宮博物院見学。
どちらもけっこー楽しめたけれど、最も楽しかったのはその日の夜です。
友達と2人で、地元の人達しかいないような地味ーな食堂に行ったんです
よ。
店員達は、日本語はもちろんのこと、英語も通じなくてかなりドキドキでし
た。
メニューも、漢字ばかりでさっぱりわからないし(笑)。
俺が頼んだのは野菜炒めのようなものだったけれど、友達が頼んだもの
は結局何だかわからないまま。
「炸醤麺」という名前だったんですが、食べてみても正体不明。
知っている人がいたら、教えてください。
あと、やっぱり台湾語しかできないおばちゃんから珍珠○(←「女乃」とい
う字)茶という飲み物も買いました。
これはけっこー美味しかったです。
実質、観光はこの2日間のみで、今日はホテルをチェックアウトしてすぐに
空港に向かいました。
復路も往路と同じ日本アジア航空。
空港に到着してから搭乗開始までかなり時間があったので、免税店をぶ
らぶら。
ずっと財布が欲しかったので、この機会に買いました。
本当はD&Gの財布が欲しかったんだけど、それはちょいと高すぎるので
あきらめます・・・・・。
あとは、友達とかバイト先用にクッキーなどをまとめ買いしたところで、行き
に両替した台湾$(元)を使い切ったので買い物終了。
今回の旅行で自分用に買ったお土産は、財布と、マンガ・雑誌・ビデオC
Dです。
マンガは、日本のマンガの台湾語バージョン。
日本語版と見比べたらおもしろいかなーと思って。
雑誌は、台湾の男性ファッション誌のようなものです。
ビデオCDは、『GOOD LUCK!』『流転の王妃・最後の皇弟』『恋するト
ップレディ』の3点。
どれも日本のドラマだけれど、台湾語の字幕つきというのが珍しかったの
で。
DVDじゃなくてビデオCDだから、画像はかなり粗いだろうけど、とりあえ
ず見れれば文句は言いません。
かなり安かったし。
そんな感じで、観光も買い物の食事もそれなりに充実していたから、まず
まずの旅行だったかな。
実は、飛行機で名古屋空港に到着した後、刈谷の家に帰るまでちょっとし
た(?)トラブルがあったのですが、それについては明日の日記に書きま
す。

 

 

6月6日(日) ねみぃ・・・・・。
今、この日記を書いているのは7日の昼です。
昨夜は寝ていません。
なぜなら、今朝の7時すぎまでバイト先のホテルにいたから。。。
バイトは6日の16時から21時までだったんですが、その後、社員さんや
バイト仲間と話し込んでいたら、あっという間に夜が明けてしまいまして
(笑)。
こんなふうだから、バイト仲間から「遊己くんは公私の区別がついていな
い」ってつっこまれるんだよなぁ。
楽しいバイト先から、待つ人のいないアパートに帰るのってけっこー寂しい
んです・・・・・(汗)。

 

 

6月3日(木) 5月27日の日記で予告した通り、今日、大学の「ジェンダーと文化」という
授業で、受講生全員に「俺は同性愛者です」とカミングアウトしました。
最近、友人・知人には少しずつカミングアウトしていっているものの、教室
の壇上から50人以上を相手にカミングアウトするというのは初めてなの
で、さすがに少しドキドキ。
意外にみんな、冷静にカミングアウトを受け止めてくれたかなぁ。
少しドヨっとはしたけれど。
カミングアウトの後は、「セクシュアルマイノリティの当事者の体験談」とい
うことで、親へのカミングアウト話などを10分ほど語りました。
このサイトの駄文「親へのカミングアウト」に書いてることだけでなく、その
後の経緯も含めて。
カミングアウト後の経緯についてや、今回の発表については、今、整理し
て文章にしているところです。
まとまったら、ESSAY(駄文)のページに載せる予定なので、日記に書く
のはこれぐらいにしておきます。

 

 

6月1日(火) 今さら言うまでもないけれど、俺ってやつはほんっと大ボケ。。。
今日は創立記念日で大学は休みなのに、すっかり忘れていて、普通に大
学へ行ってしまったんですよー(汗)。
誰もいない教室で、1人ぽつんと立ちすくんでしまいました・・・・・。
休みだと気づいた瞬間、ほんっと自分のボケ具合にあきれてしまいまし
た。
ところが・・・・・俺のボケはそれだけでは終わらないんですねぇ・・・・・。
夕方からバイトだったのですが、バイト先(ホテル)に着いた瞬間、ワイシャ
ツを忘れたことに気がついたのです(汗)。
ワイシャツなしで、どの面下げてホテルのフロントに立てるというのだ。。。
慌てて近くの紳士洋服店に駆け込んだのですが、運悪く置いてある白ワ
イシャツは半そでのみ。。。
本当は長袖じゃないといけないのですが、どうせ制服のジャケットを着れ
ば外からはわからないだろうから、仕方なくそれを購入いたしました。
仕事中、ずっと腕がスースーして変な感じだった。。。
「二度あることは三度ある」で、3つめの大ボケをかまさなかったのが不幸
中の幸い・・・・・かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA