2004年9月

※ このページは、個人ホームページに載せていた日記をブログに転載したものです。

 

9月26日(日) 来週から俺は教育実習に入るため、明日から一ヶ月間バイトは休むことになります。
そこで、今日はとことんバイトネタで日記を書かせていただきます♪
バイトネタで、何よりも「これは書かなきゃいけないだろうっ!」てことは、最近社員さんにこのサイトの存在に気付かれたということです。
23日の日記に「バイト先の社員Hさんにこのサイトを見つけられた」と書きましたが、今日は主任のOさんにまで見つけられてしまいました。
20時頃、フロントでのチェックイン業務が少し落ち着いたのでふとフロント裏に入ったのですが、何とそこには、会社のパソコンで嬉々としてこのサイトを閲覧するOさんの姿が!!!
こらーーーっ!おっさん!!!何してんだーーーっ!!!
驚きを抑えきれず、ついつい主任に叫んでしまいました。
しかし、マジで勘弁してくれよぉ・・・・・。
まさか見られるとは思っていなかったから、けっこー日記にバイト先の社員さんのこととかも書いちゃってるのに。。。。。
しかも、HさんとOさんって、社員さんの中でも最もこのサイトの存在を気付かれてはいけない2人のような気が・・・・・。
2人とも毒々しいし(笑)。
きっと今日のこの日記も読まれちゃって、怒られるんだろうな~。
ま、いいや。どうせ一ヵ月後だし(笑)。
OさんやHさんは、「一ヵ月後、君の居場所はあるかねぇ」とか「盛大に送別会やってやるから」とかおっしゃりやがりますけどね!
そうやすやすと辞めさせられてなるものかっ!
ちなみに今日、バイト仲間(正確にはパート)の女の子から「スタッフ一同より」と小さな花束を手渡されました。
「実習でがんばれるように」とは言っていたけれど、花束渡されて拍手なんてされたら、思いっきり退社ムードじゃねーかっ!!!
やーめーてーなーるーもーのーかーーーーーー。

 

 

 

 

9月22~23日(水~木) この2日間を端的に表現する言葉は、はっきり言って「波乱万丈」しかないです。
身のまわりの状況も、心も、この2日間で「こんなに激しく揺れ動いていいのかっ!」ってほどに揺れ動きました。
全ての始まりは、さかのぼること数週間前、とある男と出会ったことです。
その男(仮名Tとでもしておきます)とのやり取りはほとんどメールでしたが、気がつけば俺はそいつにかなり惚れ込んでしまっていました。
「気になる」から「好きかもしれない」になり、いつのまにやら「好き」まで想いが高まっていたのです。
それで俺は、かなりハイになっていました。
メールを通しての、そいつとの恋のやり取りに夢中になっていました。
相手も、俺のことを「好き」と言ってくれていたからです。
はっきりと付き合っていたわけではありませんが、仮の恋人のような関係になっていました。少なくとも俺はそう思っていました。
しかし・・・・・Tから送られてきた1通のメールで、事態は急変します。
あまり詳しいことは書けませんが、とにかく、俺はTの言っていることを素直に信じられなくなりました。
このまま、仮とはいえ恋人のような状態でいていいのかわからなくなりました。
なので、「直接会って話をきかせてくれ」と俺はTに訴えました。
そして、22日の深夜0時、Tが住んでいる浜松で会うことになりました。
俺は車で国道1号をひた走り、3時間かけて浜松へと行きました。
結論からいうと・・・・・どれだけ待ってもTは現われませんでした。
「どこで待っていればいいの?」とメールをしても返事はなく、電話も不応答か電源が切れている状態。
浜松でドキドキ半分イライラ半分で2時間待って、やっと俺は、Tに裏切られたことに気がつきました。
いや、「裏切られた」という表現は適切ではないかもしれない。
俺が、勝手にTを信じ込み、Tの言葉を鵜呑みにしてしまったのだから。
まったく・・・・・なんて間抜けなんだか・・・・・。
「Tに裏切られた」と思った俺の頭には、刹那、「死」という言葉が浮かんでしまいました・・・・・。
ふとバッグの中を見れば、マイスリー、ハルシオン、アサシオン、ロヒプノールと、種類も数も豊富な睡眠薬たち・・・・・。(←最近処方が増えた)
恥ずかしい話ですが、その時は「いっそのこと、これを全部飲んだらラクになれるのかな」などと思ってしまいました。
しかし、一方では「こんなことで死にたくない」という思いも強くありました。
そこで、友達(まもくん)にメールで「助けて・・・・・」と訴えました。
まもくんは、すぐに電話をしてきてくれました。
そして俺が状況を全て話すと、「絶対そんなやつのために死んじゃダメだよ!すぐに愛知に帰っておいで!」と言ってくれました。
俺は、まだ整理しきれないTへの想いと、まもくんの優しさに涙を流しながら、再び国道1号を3時間走って帰ってきました。
最近医者から処方してもらった抗不安薬デパスを飲んで少しでも落ち着こうと思いましたが、いっこうに涙はとまりませんでした。
そして・・・・・とにかく帰宅した俺は、Tへの想いを自分の中から消し去りたいと思いました。
「裏切られた」とは思いつつも、一度抱いてしまった「好き」という想いは中途半端に残ってしまったからです。
「この想いを消すためには、とにかく誰か、他の男に想いの方向を向けるしかない!」と思いました。
そこで、昔のバイト先のバイト仲間に「一晩だけ、俺を抱いてくれないかな?」と頼み込もうとしました。
彼は、バイト先で「俺はバイセクシュアルだ」とよく言っていたからです。
急に好きになることは無理でも、彼なら、抱きしめてくれれば、一晩だけは酔うことができると思いました。
もちろん、それは彼に対してとても失礼なことだとはわかっていました。
結論としては、彼には今彼女がいるので、俺を抱くことはできない、ということでした。
「力になれなくてごめんな」という一言で、俺は急に自分が恥ずかしくなりました。
俺には支えてくれる友達が何人もいるのに、いったいなぜ一夜だけの恋などにすがろうとしたのだろう―――そう思いました。
そして、そんな大切な友達を相手に、自分を偽り続けるのは嫌だ、と思いました。
なので、高校時代の友達でケータイのメルアドを知っているやつ全員に、「自分はバイセクシュアルだ」というカミングアウトメールを送りました。
そして、「今、好きな男相手につらいことがあってとても苦しい・・・・・」ということも訴えました。
友達からのメールを勝手にここに転記することはできないけれど・・・・・とにかく、すぐにみんな、涙が出るほどあたたかいメールを送り返してくれました。
「カミングアウトには正直驚いたけれど、ゆうはゆうなん
だから今までと何もかわるわけじゃないよ」と。「私はゆうそのものをまるごと好きで友達でいる」と。「カミングアウトしてくれてうれしい」と。「つらい時は、とにかく頼りな」と。
感涙せずにはいられませんでした。
Tへの想いと怒りはまだ整理しきれていないけれど、友達さえいればきっと大丈夫!

さて、ここでこの2日間の「波乱万丈日記」は終了かと思いきや、実はまだ続きます。
友達という存在の大きさを再認識した俺は、バイト先でも隠さず自分のセクシュアリティをカミングアウトしたくなりました。
バイト先の社員さんやバイト仲間は、「友達」ではありません。
しかし、俺の中では単なる「仕事仲間」でもありません。
いつのまにか、俺の中でもっともっと大きな存在になっているのです。
だから、今日、バイト中に社員さん2人にカミングアウトし、浜松アクシデント(←Tとのやり取りを勝手に命名)についても話しました。
勤務終了後、バイト仲間(Iさん)を近所のファミレスに呼び出し、彼女にも全てを話しました。
しかし、ここで思わぬ出来事が発生!!!
何と、そのファミレスにいきなり社員さんの1人が現われたのです。
ビックリして「どうしたんですか?!」と聞くと、「いやー、Hさん(←今日、バイト中にカミングアウトした社員さん)から電話がかかってきてさぁ。ゆうきが今ファミレスでIさんにすごいカミングアウトをしているから、お前も行ってこいと言われたんだよ」・・・・・。
Hさん・・・・・なかなか粋な計らいを。
単に面白がっているだけのような気もしますが(←俺の話を聞いて爆笑していたし)。
とにかく、俺はその社員さんにも全てを話しました。
ホテルのフロントって、みんな勤務時間がバラバラで全スタッフがいっせいにそろうことはないから、他のスタッフには、紙に同性愛のことや浜松アクシデントのことの全てを書き、読んでくれるよう引き継いでもらうことにしました。
これで、やっと、信頼するバイト先のみんなにも、隠し事がなくなりました。
正直、浜松アクシデントのキズはまだ癒えていません。
急にダウナーの波に襲われる時もあります。
だけど、きっと俺は大丈夫。
俺の2本の足だけじゃ立ち続けられない時は、そっと手を差し伸べてくれる
友達・仲間がたくさんいるから。
彼らは、抗不安薬や精神鎮静剤などよりはるかに大きな存在だから。
俺が自らの2本の足で立っている時、彼らの誰かがバランスを崩しそうになったら、今度は俺が手を差し伸べたい。
くさいけれど、そんな「友情」・・・・・いや「友愛」をしみじみ考えてしまう今の俺です。

※余談ですが、バイト先の社員さんの1人(Hさん)にこのサイトを見つけられてしまいました。その社員さんは、20日の日記に書いた、俺を突き飛ばした社員さんです(笑)。その前日の日記に書いた、俺が腹黒呼ばわりした社員さんも同一人物です。確実に、Hさんはこれからこの日記にチェックをいれるでしょう(汗)。よって、今後この日記は、Hさん礼讃方向で書きすすめていきたいと思います(笑)。

 

 

 

 

9月21日(火) 先週受けたHIV抗体検査の結果が出ました。
陰性です。
ついでに、梅毒とクラミジアも陰性でした。
一安心。
だけど・・・・・今の俺はそんなことで喜べる気分じゃない・・・・・。
かなりの大ダウナー。
ついさっきまではそんなことなかったんですよ。
バイト先の女性2人(←パートと社員)と食事に行き、日付が変わる深夜まで仕事だの恋愛だのについて調子よく大笑いしながら語っていました。
なのに・・・・・その後、たった1通のメールで、気分は急落。
恋愛がらみなんですが、本当に、俺・・・・・どうしたらいいのかわかりません。
抗不安剤と睡眠薬飲んだのに、全然気分が落ち着かない。
俺・・・・・明日のこの時間も、こうしてパソコンの前に座っていられるのかな・・・・・。

 

 

 

 

9月20日(月) 昨日の日記に「最近バイト先で調子ぶっこいている」というようなことを書きましたが、今日も相変わらず調子ぶっこきました。
そして、とうとう社員さんに突き飛ばされました(笑)。
1人の社員さんがフロント裏のクローク(小さな倉庫のようなところ)に入るところ見かけた俺は、そのドアの前に立って、社員さんが出てこれないように通せんぼをしたんですよ。
そしたら、社員さんがドアを開けて俺に気づくと同時に「いい加減にしやがれっ!」とわき腹をおもいっきりつねってきたので、思わず吹っ飛んだというわけです。
フロントカウンターの中だったしロビーに誰もいなかったからお客さんに見られなかったのが不幸中の幸いだけど、しばらくもだえ苦しんでしまいましたよ(笑)。
マジでわき腹弱いんです・・・・・。
くっそー、いつか復讐してやるっ!(←って、よくよく考えたら自業自得だけど・・・・・)
ちなみに、その社員さんには「もしかして遊己くんはゲイ?」とか聞かれました。
俺がよくジェンダーとかセクシュアリティの話をするから疑ったらしい(←「結婚制度反対」とか「ヘテロセクシズム社会反対」とか)。
うーん・・・・・これはヤバいかも。
最近はいろんな人にカミングアウトしまくっているけど、バイト先ではカミングアウトできない理由があるんです。
それは、冗談で男の社員さんに「愛してる♪」とか言いまくってきたから。
それは正真正銘冗談なんですよ。
だけど、ここで「実は俺、ゲイ(正確に言うとバイだけど)なんです」なんてカミングアウトしたら、絶対その冗談がマジだったと思われる。。。。。
だから、バイト先ではどうしてもカミングアウトできないんです。
しかし、わきあがってしまったゲイ疑惑はどうしたものか・・・・・。

 

 

 

 

9月19日(日) バイト先で日に日に生意気になり、社員さんに向かって「腹黒い」とかぶっこいて「まさかバイトに腹黒呼ばわりされるとは・・・・・」としみじみ言われる今日この頃です(笑)。
社員さんもバイト仲間もみんな優しいからな~。
とある社員さんなんて、俺が大好きな『さんま・玉緒・美代子の行きあたりばったり珍道中』の放映日に勤務が入っていることを知ると、わざわざビデオに録画しておいてくれたし。
ほんっと、何て良い職場環境なんだろう。
けど、来週から教育実習のために一ヶ月間休まなければなりません。
寂しいなぁ。
しかもね、俺が抜ける一ヶ月の間に、フロントのインジケーターが変わったり新しい客室がオープンしたりと、ホテルがいろいろ変わるようなんですよ。
一ヵ月後・・・・・俺の居場所はあるのかや(汗)。

 

 

 

 

9月16日(木) 以前からなんとなく感じてはいたけど、確信しました!
眠剤マイスリーは体質に合ってない!!!
副作用がかなり強く現われるんです。
まず健忘。
日記に書いた通り、昨日はマイスリーを飲んで横になりました。
その後の記憶はほとんどありません。
けど、ケータイのメール送信履歴を見たら、知人数人にメールを送ったようなんです。
「気分最悪。。。薬のせいで自分が何言ってるのかもわからない」などと送っていました。
意識がはっきりしていないなら、メールなんて送らなきゃいいのに。。。
あと、マイスリー服用後にテレビなどをつけていると、現実と虚構の世界がごっちゃになるみたいなんです。
はっきりとは覚えていないけれど、ベッドの上でバタバタ暴れたりしたような・・・・・。
こ・・・・・怖い。
体質に合わない薬はマジに怖いです。
完全に「薬でいっちゃってる」状態です。
マイスリーは、もう処方をとめてもらおう。

 

 

 

 

9月15日(水) はぁ・・・・・今日はロクでもない一日だった。
まず、8時に目覚ましセットしたのに起きたら11時で大学さぼり決定。
部屋で本を読んでいたらなぜだか急に過食衝動に襲われて、珍しく昼間っから過食・嘔吐。
その後、何だかだるいなーと思って体温を測ったら微熱あり。
「もー今日は何だかなぁ」とか思っていたら、急に昔好きだった人のこととかも思い出して気分はどんどんダウナー&ダウナー。
こんな時、持っててよかったメレックス(笑)。
あんま薬に頼りすぎるのはよくないとわかっているけど、今日は抗不安薬メレックスと眠剤マイスリーをのんでさっさと寝ます。

 

 

 

 

9月14日(火) 大学さぼってHIV抗体検査を受けてきました。
保健所なんて入るの初めてですよ。
もちろんエイズ検査も初めて。
感染が疑われるような行為にはほとんど身に覚えがありませんけどね(笑)。
ま、一応受けてみるかなと思って。
結果は一週間後です。
また報告します。さて、夜はいつも通りバイトでした。
バイト先のホテルに、今日は某有名人がいらっしゃいました♪
今のホテルでバイトを初めてから会った有名人ゲストの中で一番有名な人かも。誰かはヒミツさー(笑)。

 

 

 

 

9月12日(日) はぁ・・・・・疲れた。
今日のバイトはすごく疲れました。精神的にね。
主任が風邪気味だったんですよ。
それで、出勤そうそう「今日は遊己くんの相手していられないから黙っててね。今日の俺はすぐキレるから」って言われちゃって。
仕事中ずっと気を張っていたんですよ。
確かに、バイト中の俺はかなりうるさいですからねぇ。
日頃から「黙って仕事しろ」とか「公私混同してるでしょ」とかさんざん言われています(笑)。
けど、やっぱ常にしゃべっています(笑)。
最近では、「そんなにお前は寂しいのか」とか言われます。
はい、寂しいんです(笑)。

 

 

 

 

9月11日(土) 浜松へ行ってきました。
車だったのですが、高速は使わなかったので往復6時間ですよ。
先日高速バスで大阪に行った時と同じく、腰痛になりました。
俺、小さい頃から腰弱いし・・・・・。
(↑幼稚園の時にギックリ腰をやっている)
浜松には、俺がバイトしているホテルの系列ホテルがあるのでちょいとそこにも顔を出してきました。
バイトでお世話になっていた社員さん(部長)が、今年からそのホテルに移動したんですよ。
だから、久しぶりに会いたいなーと思いまして。
けれど、アポなしだったのであいにく部長は外出中でした。
フロントにメッセージを残したのですが、それだけで立ち去るのはなんだかバカらしかったのでついでにショールームをお願いしました。
見せてもらったのはシングル・ツイン・デラックスツインの3部屋。
うーん・・・・・部屋はうちのホテルより少し狭いかな。
けど、室料はうちのホテルより安いらしい。。。
料金を案内すると、よくお客様から「高い」って言われるもんなぁ。
一度なんて「東急並ですね」とまで言われてしまった・・・・・。
そこまで高くはないっての・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

9月10日(金) ちょいと久しぶりに心療内科に行ってきました。
教育実習に行く前に、できるだけ多めに薬のストックをもらっておこうと思って。
最近はだいぶ調子がいいんですけどね。
とりあえず、SSRIデプロメール25mgと抗不安薬メレックス0.5mg、眠剤マイスリー10mgはいつも通りです。
マイスリーがいまいち効かないことを伝えると、ハルシオン0.25mgとロヒプノール1mgも処方してくれました。
3種類の眠剤を上手く組み合わせて使ってください、ということでしたが、まさかハルシオンが処方されるとは・・・・・。
この日記を見てくれている人のほとんどは、たぶんメンタルヘルスに関わりがある人か、同性愛に関わりがある人だと思います。
前者の人にとってはハルシオンは有名だと思いますが、後者の人は知らない場合が多いと思いますので説明します。
ハルシオンというのは、入眠障害に効果的な短期型の睡眠導入剤です。
2種類あって、効果が弱いほうは金色のシートに包んであるので俗に「金ハル」、効果が強いほうは銀色のシートに包んであるので「銀ハル」と呼ばれています。
入眠障害に対する効果は大きいようですが、実はこの薬、使い方によっては「遊ぶ」ことができるらしく、最近では処方してくれないお医者さんも少なくないらしいです。
薬で「遊ぶ」というのが、どういうことかはわかりますよね・・・・・?
俺が処方されたのは、なんといきなり銀ハルです。
念のため言っておきますが、俺は遊びません!
薬で遊ぶ趣味は全くありませんから。
ただ、まさか銀ハルが処方されるとは思っていなかったので、驚きでつらつらと日記に書いてしまいました。
マイスリーはいまいち体質に合わなかったけれど、ハルシオンとロヒプノールは合うといいなぁ。

 

 

 

 

9月9日(木) 今日は、バイトが終わった後、社員さん2人とファミレスに言ってだべりました。
久しぶりに恋ばなをしましたよ♪
中学・高校時代を思い出すな~。
大学では恋ばなとかあんましないですからねぇ。
場所がデ○ーズってところも、何とも学生っぽくて素敵だった♪
デ○ーズで、今現在幸せな恋愛をしている2人から恋愛の駆け引きをしっかと学びました☆
とりあえず、メールで「(笑)」を多用するのはやめろというアドバイスでした。
確かに、メールでも日記でも「(笑)」をよく使うなぁ。
なんか、「冗談なのに本気で受け止められたらいやだなぁ」とか「少し曖昧にするか」って時に使ってしまいます。
社員さんいわく、それだとメールで良い感じに盛り上がってきてもテンションが下がるらしい。。。
そ、そうなのか・・・・・。
けど、よく考えたら彼氏も彼女もいないんだから、せっかく学んだ恋愛の駆け引きもあんま使う場がないかも(笑)。
あ、また「(笑)」使っちゃったよ。。。

 

 

 

 

9月8日(水) メル友に会うために、日帰りではるばる大阪まで行ってきました。
乗り物は好きなんですが、高速バスはかなり腰にくるということがわかりました・・・・・。
往復だと6時間以上ですからねぇ。
メル友と別れた後、まだバスの出発時刻まで余裕があったのでジュンク堂という本屋に入ったのですが、懲りずにまた買ってしまいました(汗)。
『アンチ・ヘテロセクシズム』(平野広朗)、『小学校生活科・総合的な学習』(嶋野道弘)、『イラストでみる楽しい「授業」入門』(家中芳郎)の3冊。
2冊は、教育実習に向けての準備として読んでおきたいと思った本です。
『アンチ・ヘテロセクシズム』は、そのタイトルにひかれて買いました。
アンチ・ヘテロセクシズムとは、日本語にすると「反・異性愛主義」あるいは「反・強制異性愛」です。
あぁ、早く読みたいーーーーーっ!
だけど、今はまず教育実習の事前準備を進めなきゃ。。。。。
生活科の指導案も書かなきゃいけませんしね。
単元は「乗り物に乗って」です。
今日学んだ「高速バスは腰が痛くなる」という教訓は、学習指導で何か役に立つかな~(笑)。

 

 

 

 

9月5日(日) 俺がバイトでホテルのフロントに立っていると、いきなりロビーのシャンデリアが揺れ始めました。
じ、地震・・・・・・・・・・。
ニュースでチェックしたところ、俺のバイト先は震度3でした。
フロントがある1階はいいけれど、客室のある上階はかなり揺れただろうなぁ。
俺が客室階の様子を見に行くと、やはり数名の外国人ゲストが不安そうに廊下に立っていました。
俺が見回りに行っている間にフロントの社員さんが各ゲストに内線を入れていたようなので特にパニックなどはなかったけれど、やっぱ地震がない国出身の方には恐怖だっただろうなぁ。
東海大地震が来たらどうなってしまうんだろう・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

9月4日(土) 普段職場(バイト先)で何気なく使っている用語が、他の会社だと全然違っ
ていたりしておもしろい。「クリスタル・シャワー」
「アルテミスの泉」
「アクア・キャンドル」
「ルミ・ファンタジア」
「ルミカ・ファンタジア」
「ルミファン」

これらは全て、同じウェディング演出の名称です。
さーて、何のことでしょう?
答えは、混ぜると発光する不思議な液体のことでした。
いろんな色があってほんとキレイなんですよー。
キャンドル・サービスのかわりに使われたりします。
俺が今バイトしているホテルでは「クリスタル・シャワー」、以前バイトしていた結婚式場では「アルテミスの泉」、その前に少しだけバイトしていた別の結婚式場では「ルミカ・ファンタジア」と呼んでいました。
たぶん俺は結婚には縁がないけれど、いつか金持ちになってホテルでパーティーをすることがあったら使ってみたいなー。

 

 

 

 

9月3日(金) 今日は、今月末から始まる教育実習(4週間)の事前指導で、名古屋市内の某小学校に行ってきました。
予想通り、ハードな4週間になりそうな感じです。
俺は、「うっかり」で提出物を忘れたり失くしものをしたりしやすいから、気をつけなくては。。。
実は、今日早速「うっかり」でボケをかましてしまいましたが・・・・・。
実習生が、担当する教科ごとにわかれて、指導案の書き方の指導を受ける時間があったんですよ。
で、俺は社会科の教室へ向かったわけです。
自分の専攻が社会科だから、何の疑いも持たずに。
そうしたら・・・・・・・・・・その教室で、「先生、あなたの教室はここではありません」と言われてしまいました(汗)。
※学校では、実習生も児童や教員の方々から「先生」と呼ばれます
そうだ、俺が担当する学級は2年生だから、社会科はないんだった!
俺が小学生だった頃と違って、今は小学校低学年には社会科と理科はないんですよね。
かわりに、生活科というものがあります。
俺が実習期間中担当するのは、その生活科だったんだ!
大慌てで生活科の教室へ移動しましたが、少し他の実習生や指導の先生方を待たせてしまいました(汗)。
・・・・・・・・・・何も言えません。

 

 

 

 

9月2日(木) 今日は、名古屋駅周辺の本屋をぶらぶらしていました。
たぶん俺は「本を買うこと」がクセになっています。
だって、買ったはいいけれど未読の本が十冊以上たまっているのに、今日も買い込んでしまったんですから・・・・・。
今日買った本は、『同性愛のカルチャー研究』(ギルバート・ハート)『女で読み解くオーストラリア』(青山晴美)、『生きちゃってるし、死なないし~リストカット&オーバードーズ依存症』(今一生)、『英国見聞録』(鈴村俊二)、『うさたまの暗夜行路対談』(中村うさぎ、倉田真由美)、『デスノート3』(大場つぐみ)です。
たぶん、最後の3つはすぐ読み終わります。
軽いエッセイやマンガだから。
だけど・・・・・残り3冊はいつ読み終わるんだろう。。。。。
こうして途方に暮れつつ、またすぐに他の本を買い込んでしまうんだろうなぁ・・・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA