小学校から現在へ。容姿変遷。

俺の父親は、買い物が大好きです。
通販とかテレビショッピングとか、気になったものはとりあえず買う、みたいな性格。
なので、実家はいつも物であふれかえっています。
一時期ごみ屋敷のようになりかけましたが、近所に倉庫を借りて一部の物を移動させて、なんとか住空間を確保しています。
その倉庫ですが、先日親から電話があり、これまで二箇所借りていたのを引き払い、別の一箇所に集約させることになった、とのこと。
で、倉庫の中に入っている俺の物を整理しろ、と呼び出しがかかりました。
久しぶりに倉庫に入ったのですが、大半、処分してもいいような不要物でした・・・。
その中から救出したのは、
小学校の卒業アルバム
中学校の卒業アルバム
高校の生徒手帳
幼稚園のお絵かき帳
体調を崩して幼稚園を長く休んだ時、お友達がくれた見舞いのお手紙集
の5点です。
二度と手に入らないからね。
忘れていた学生生活をいろいろ思い出しました。
小学校の卒業アルバムに、担任の先生は「恐竜と心理学。ユウキ君のことを思い出すたびにこの2つを連想します。君の得意な分野で自信を持って勉強してください。君はきっと伸びる!!将来が楽しみです」と書いてくれていました。
そうそう、小学校時代、恐竜が大好きだったんですよね。
毎日、恐竜図鑑とか眺めてました。
確か、小学校4年ぐらいの国語の教科書にトリケラトプスの話が載っていて、カッコいいと思ったのがきっかけだったような。
あと、小学生のくせに心理学の新書とか読んでました。
まさか、大人になって自分が患者としてメンタルクリニックに通うようになるとは想像もしていませんでしたが。汗

ついでに、卒業アルバムと生徒手帳は、忘れていた自分の過去の顔も思い出させてくれますね。
今も自分の顔はあんま好きじゃないけど、過去の不細工具合にもビックリ・・・。
参考までに、現在の写真から順番にさかのぼって、どうぞ。↓

【現在】↓

c64625af.jpg

【大学生】↓

3125845b.jpg

【高校生】↓

df6912c5.jpg

【中学生】↓

9b7a14ce.jpg

【小学生】↓

411f813a.jpg

痛い・・・。健康的すぎる丸々とした顔が痛い・・・。
ついでに、高校生までは左右の目の大きさが違います。
整形をしたのが大学時代なので。
目以外はいじってないのですが、いつの間にか顔の輪郭が変わりました。
高校生までは丸顔丸顔言われていたのですが。
そして、大学を卒業してから一気に老け込みました・・・。汗
若返りたい・・・マジで。整形前には戻りたくないけど・・・。
こういうこと書くと、年上の友達に「まだ20代のくせに」とか言われるけど、問題は、俺が実際若いのか若くないのかじゃないんだよね。
周りから若く見えるのか老けて見えるのか、でもない。
問題は、俺自身が俺を「老けた」と認識していることなんですよ。
他人がどう思おうと、客観的にどうであろうと、結局問題は俺自身の自己認識なわけですよ。
あと、こうやってブログとかに写真載せていると「本当は自分の顔、好きなんでしょ?」って言われるけど、それも間違い。
自分の顔が嫌いだから、必死にブログに写真を載せるのですよ。
「いいですか、俺はこういう顔ですからね。ちゃんとわかっていてくださいね。会ってから、こんな不細工だとは思わなかったってビックリしないでくださいね」って自己防衛。
その中でも不細工すぎる写真を載せないのは、俺の中のもう一つの自己防衛。
写りが悪すぎる写真はソッコー削除します。見るたびに自己嫌悪に陥るから。
こういう容姿へのコンプレックスが、摂食障害という心の病につながっているんでしょうね。
ありゃ?単に「学生時代、懐かしいな」ってブログにするつもりが、いつのまにか重く・・・。
結論。顔は変わる。人為的にも自然にも。
そして、自分の顔を正しく認識し受け入れることができず苦しむ人間もいる。

3 Replies to “小学校から現在へ。容姿変遷。”

  1. 全然、不細工じゃないよ
    年の割には落ち着いてる、精神年齢が高いんだと思います。
    老けたと思わずに大人になったと思えばいいですよ{笑顔}
    たぶん今はまだユウキさんの「売り」が若さだからギャップが生まれる・・
    これからはユウキさんの「売りを」同年代より大人っぽい所や落ち着きにすればいいと思います。
    急にはできないと思いますが、自分の悪い所は十分理解してるんだから、いい所もしっかり理解しないとね。
    私も昔の写真をよく見ますが「老けた」とは思いませんよ。
    大人になったなと感じます。
    「今が一番いい」ですよ{OK}

  2. そう思う人は実際に世の中口に出さないだけでたくさんいると思いますよ。
    確かに自分自身から見て老けただのなんだのってのは自己満足の世界に過ぎない、でも俺は正直にゆうきさんは魅力あると思うよ。
    見た目も含めて今目の前にある仕事だったり自分自身といつも一生懸命戦ってる。
    正直な日記とか見た目もいいなって思ったからマイミクになってほしいなって思ったし。
    とっても繊細なんだよね。自分自身にあまり厳しすぎないようにね。リラックスしてさ。近くにいるならいろいろ話も聞いてみたい。
    ってこういう風に感じてる奴もいるんで、自分自身をそんな嫌わないでよ

  3. > ジェミン
    レス遅くなってごめんなさい・・・。
    「歳のわりに落ち着いている」っていうのは、実年齢が若いうちは売りになっても、実際に歳を重ねれば重ねるほど売りにならなくなってくるのでは・・・?
    なんだかんだで、俺は「若さ」を頼りにしてきたんでしょうね、これまで。
    この先、「老い」に耐えられず壊れていくか・・・ちゃんと意識改革できるか・・・。
    > こーき
    レス遅くなってゴメンなさい・・・。
    基本的に俺、自分のことが「嫌いで好きで嫌い」なのです・・・。
    でも、自分を嫌いだの好きだの考えている時点ですごく自意識過剰なわけで、ある意味自分が大好きなのかもしれないですね。。。
    繊細っていうか・・・弱いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA