ETASと搭乗手続き

以前にも書いたような気がしますが、航空会社のチャックインシステムはオーストラリアの入国管理システムとつながっています。
チェックイン時にパスポート情報などを入力すると、その旅客がオーストラリアのビザやETAS(電子入国許可)を持っているか確認することができるのです。
ちなみに、同じようなシステムは日本の出入国管理には導入されていません。
海外のチェックインカウンターで日本行き旅客のパスポート情報など入力しても、ビザのあるなしなどは確認できません。
ちゃんとチェックインスタッフがパスポートを開いてビザスタンプを自分の目で確認しないとわからない、ってこと。

さて、先日から書いている通り、来週俺はオーストラリアに行きます。

昨日、ETASも取得しました。

なので、今日、俺が働いている航空会社のチェックインシステムに自分のパスポート情報を入力して、ちゃんとETAS情報が表示されるか確認してみました。

そしてら・・・

VISAもETASもないよー。DO NOT BOARD」という回答が!

なんで~っ!??

と思ったら、単にパスポート情報間違って入力していました。

危ない危ない。

再度正しいパスポート情報で確認したところ、ちゃんと「OK TO BOARD」と表示されました。

よかったよかった。

これで、カンタス航空のチェックインシステムでも同じ表示が出て、問題なく搭乗させてもらえるはず。

さて、次は泊まるホテルの手配をしなくてはっと。

7 Replies to “ETASと搭乗手続き”

  1. 最近オーストラリアやアメリカに行っていないので、ETASなどの仕組みが知れて勉強になりました。アメリカもこんな感じなんですね~。

  2. 航空会社に勤めてると便利だね。
    楽しく旅行してきてね。
    っていうか、一緒に行きたい!

  3. オーストラリア遊びで行ったことないな~、だからETAS取ったことないです。
    食料品の持ち込みが厳しくて、ちょっと面倒って印象。口蹄疫の発生があったので、先月行ったときはいつもより厳しかった感じがしました。
    残業ないことを祈ります。

  4. > だいすけだいすき
    アメリカのほうがシステムがややこしくて、俺はイマイチ理解できていないんです・・・。
    > COCK
    一緒においでよW
    シドニー楽しいよ~。
    > Tic Tac
    DUTYだったらETASいらないですもんねぇ。
    あーーー俺のDUTYはちゃんと定時に終わるかなぁ。
    少しでも時間を節約するために、ランチタイムに荷物を預けに行こうかなと思っています。
    あと、ロングフライトだから、できれば搭乗前に4階の風の湯で風呂に入っていきたいなと思っています。

  5. ETAS懐かしい・・・。
    ゴーショーでこれ持ってないお客様がいらっしゃったら結構めんどくさかったな~。
    ・・・滅多に有りませんでしたが(爆)。

  6. > トライスター
    俺も先日一人、そういう旅客に遭遇しました。ネットですぐ申請できるのになぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA