怒ってます。郵便局にイライラ

イギリスの郵便局に怒ってます。
えっとですねー、イギリスの郵便局、マネーグラムってゆー送金会社の代理店になってるんですよ。
マネーグラムは、銀行口座を介さずにお金の送金、受領ができるシステム。
PayPalみたいなもんなのかな。
PayPalは銀行口座がないと、実施に現金としての引き出しはできないけど、マネーグラムは代理店に行けば現金を受け取れます。
で、少し前に事情があってとある会社に預けた1600ポンド(25万円ぐらい?)をマネーグラムで返金してもらったので、それを受け取るために、出向きましたよ、近所の郵便局。
そうしたら、やり方がわからないからマネーグラムに電話するので、処理方法がわかるまで待ってと言われ、待つこと30分。
「もういいよ、他の大きい郵便局行くよ」と言ったのですが、「途中まで処理しちゃったから待って」と言われさらにしばらく待機。
で、結果は。
「送金者と受領者が同一人物になっているので、不正です。正しい送金者を確認してください」
そうなのです、今回、あくまで預けていたお金を返してもらうだけなので、送金者も受領者も俺の名前になっているのです。
それは、本当にそれで間違いないのか預けていた会社に何度も確認済み。
「間違いない!」と何度説明しても、間違ってる、処理できないの一点張り。
結局、もっと大きな郵便局へ行くことになりました。
だから、そうするって言ったじゃん。。。
で、街の中心の大きな郵便局。
さすが混んでいて、列に並ぶこと15分。
やっと順番がきたので、先ほどの郵便局で記入した受領フォームを出すと、
「処理できません。番号が間違ってます」
は?!間違ってるわけないんだけど?
「確認してください。とにかく処理できません」
そこで俺は考えた。
さっきの郵便局でもらった受領フォーム、形式が古くて今のフォームと違った。
もしかしてそれが悪いのでは?
このおじさん、番号打ち込む前にフォームのバーコード読み取ってたし。
よし、新しいフォームをもらって、再度15分並んで再チャレンジ。
今度のスタッフはおばさん。
「番号が間違ってます。確認してください」
がーーーんっ!
フォームの問題ではなかった。
仕方なくカウンターを離れ、送金元の会社に確認。
番号は間違いなく正しいとのこと。
何なんだよー!
その会社のほうで原因を探るから、しばらく待っててと言われ、郵便局の中で待機。
そうしたら列整理をしていとスタッフがやってきて、番号が合っているならもう一度並んでください、間もなく窓口閉まります、と言ってきた。
また15分並ぶのか。。。
どうせ結果はわかっているのに。
やっぱり「処理できません」。
「マネーグラムに電話しなさい」と言われたので、「そちらで電話してください。番号は合ってます。あなたたちはマネーグラムの代理店でしょ?私はマネーグラムのカスタマーであって、取引先ではありません」と反論。
(←このフレーズ、航空会社で働いていた時にお客様から学びましたw 旅行会社のミスがあった時に、「航空会社でどうにかしろよ!旅行会社は航空会社の代理店だろ!俺の代理店じゃねーよ」と何度叫ばれたことか。。。)
そうしたら「私たちはマネーグラムの代理店ではありません」と言ってのけた。
なら、いったい何なんだよー!
そもそも、一軒目の郵便局で、やり方もわからないのにマネーグラムの看板出してることに俺は腹が立っているのに!
口論になりかけたところでまた列整理のスタッフが割って入ってきて、ここで口論しても結論はでないから、とにかくマネーグラムに電話して明日出直しなさいと言われました。
はぁ。
確かにどうしようもないんだけどさ、郵便局から郵便局への移動時間含めて、3時間ぐらいロスしたんだけど。
マネーグラムのほうはこちらの手続きになにか問題があった可能性もあるからまだいいんだけど、このたらい回しに腹がたつ!
あーイライラ。
結局今日は手続きできないので、送金元の会社からのコールバックを待って明日出直しです。
はーわざわざ学校休んで手続きしにいったのに。
何のための一日だったんだ。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2 Replies to “怒ってます。郵便局にイライラ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA