台北のゲイクラブGSTARへ

台北で行きますよ。

GSTAR。
若い子らに流行りのゲイクラブ。
昔俺が台北によく来てた頃はファンキーってクラブが流行っていたけど、今はこっちのが賑わってらしい。
よし、行ってみよー。
入口。
とりあえずカクテルはチャイナブルー。
500台湾ドルのエントランスでカクテル2杯が付いてきます。
ちなみにIDチェックあったけど、パスポートじゃなくてアメリカの免許でもオーケーだった。
日本語の免許でいけるかは不明。
実はGSTAR、2回目。
人いっぱい。
深夜1時半ぐらいから、曲はいっきにKPOPに。
わ、わかんねー。
みんなめちゃ盛り上がってる。KPOP好きなんだね、みんな。
俺がわかったのは、カンナムスタイルぐらい。
あ、あとKPOPからはずれて、安室奈美恵と台湾の歌姫ジョリンツァイがコラボしてるI’m not youtsって曲もわかった。
MVの、チャイナ姿の安室奈美恵がスクリーンに。
とてもゲイクラブらしい雰囲気。
2杯目はセックスオンザビーチ。
1人で飲んでたら、台湾人の男の子に話しかけられました。
5人ぐらいのグループ。
最初中国語で話しかけられたけど、わからないので、そのうちの1人、うっすら英語できる子に通訳してもらって会話。
20歳ぐらいの大学生グループだってさ。
おじさん、33よ?笑
こうやってクラブで声かけられるだけでドキドキしてたなぁ、昔は。
今は、話す相手ができたのはうれしいけど「誘われてホテルでセックスとかって流れになったらめんどくさいな」と思ってしまう老化した俺。
とゆーわけで、しばらく会話して一緒に踊ったらバイバイしてタクシーで1人ホテルへ。
時間は深夜3時。
なかなかがんばったな、俺も。
オールする体力はないけど、たまのクラビングは楽しいね。

4 Replies to “台北のゲイクラブGSTARへ”

  1. ゲイクラブって行ったことないです。楽しめますか?
    台湾にはたくさんあるのかな?

  2. > NZKIDSさん
    コメントありがとうございます。
    海外のゲイクラブは楽しいですよ。
    日本のナイトとかもいかないですか?

  3. > NZKIDSさん
    俺も夜に弱くなってます。でも、たまに若ぶって騒ぎたい夜もあるんです。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA