シドニーハーバーマリオット宿泊記

シドニー旅行記の続きです。

シドニーのホテル4泊めは、シドニーハーバーマリオット。
ここは、正直あんま期待してなかった。
事前にネットで口コミとか写真とかみてたけど、あんまぱっとしないなーって印象だった。
それでも「おっ」と思わされたのは、宿泊数日前にコンシェルジュからこんなメールが届いたから。
ちゃんと俺の名前とコンシェルジュの名前が入って、自動送信じゃないっぽいウエルカムメール。
自動送信でウエルカムメールがくることはあるけど、手打ちだと定型文でもなんか嬉しいよね。ウエルカムされてる感。
そんな期待感を胸に、やってきました、マリオット。
あ、イケメンのドアマンが写り込んでしまった。
フロントはアジア系の感じのいい女性でした。
アサインされた部屋は
せまっ!!!
どうやらアップグレードされなかった模様。
今回のシドニー滞在5泊の中で、アップグレードされなかったのここだけ。
ついでに、ゴールド会員になってから宿泊したマリオットの中でもアップグレードしてくれなかったのここだけ。
まぁアップグレードは確約ではないから仕方ないんだけどさー。
バスルームもバスタブすらなく、めちゃ狭い。
しょーっく!!
一応アメニティーはマリオット共通のTHANN。
そして、一応ゴールド会員なのでラウンジにも入れます。
部屋の居心地よくないからラウンジで過ごそー。
そう思い、向かったラウンジの入口がこれ。
なーんか嫌な予感。
はい、内部。
まぁ可もなく不可もなく?
でも、ドアにルームキーを当てて入室するシステムなので、受付もなにもなく、ウエルカムなく基本放置プレー。
朝食の時も、勝手に好きなとこ座って好きに食え、って感じだった。
こんなもんしかない、食うもん。
贅沢言っちゃダメ。
無料なんだから。
でも、、、
ショボい。
かつて泊まったマリオットの朝食で最もショボい。
あとで部屋でいろいろ案内の紙見てたら「まともな朝食食いたけりゃ、追加料金払ってメインのビュッフェに行きな」的なことが書いてあった。
上からメインの朝食ビュッフェのぞいてみた。
うーむ。なんか、メインもイマイチそうな予感。
唯一よかったのは、ラウンジのコーヒーが外に持って出れるように紙のカップ用意されていたことかな。
ミルクも普通のミルクとスキムミルクが用意されてたり、コーヒーには多少こだわってるのか??
総じて、あんま印象に残らない滞在だったなぁ。
マリオットの中じゃ、やっぱりマカオのJWマリオットが一番よかったかな。
スイートにアップグレードしてくれたし。
名古屋マリオットアソシアに続き、マリオット系列ではイマイチな滞在が続いております。
リセットせねば。
シドニー旅行記、続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA