ANAビジネスクラスでシドニーから羽田へ

シドニー旅行記の続きです。

楽しかったシドニーも最終日。
フライトは夜8:55発なので、ホテルをチェックアウトしたら荷物を預けたまま、ダーリンハーバーを散歩します。
観覧車乗った。
普通観覧車ってゆーっくり一周すると思うんだけど、この観覧車は高速で何周もぐるぐるしてた。
あとは、オーストラリアのチェーンカフェ、グロリアジーンズで昔大好きだったキャラメルチーズケーキを食べたり。
大好きなシドニー!また会う日までさようなら。
そんなわけで、空港です。
ANAのチェックインカウンターでボーディングパスとエクスプレスパスをもらいます。
エクスプレスレーンを通り、ニュージーランド航空のラウンジへ。
受付のお姉さん「キオラ!こんにちは」ってニュージーランドと日本の言葉で挨拶してくれた。
ラウンジの中は日本人が多かった。ANAの指定ラウンジだもんな。
他にスターアライアンス系だとシンガポール航空のラウンジもあるけどこの時間閉まってるので、ANA利用者はここしか選択肢がありません。
とりあえずシャワー。
「予約いらないから、勝手に使って。中にタオルあるから」とのこと。
羽田ANAラウンジのシャワーと対照的だな。
広くてシンプルなシャワールーム。
シャワー後は適当にフードつまんで写真の整理とかしてたらもう搭乗時刻です。
ANA便名物、優先搭乗の行列。
日本人、優先搭乗好きだよねぇ。。。
機内ビジネスクラスは往路と同じスタッガードシート。
アメニティーもらって、充電用のコンセント用意して離陸を待ちます。
ユナイテッド乗るとビジネスでも「離陸時は充電用のコンセント抜いてください」って言われるけど、ANAは挿したままでオーケーだけど、使ってオーケーになるまで送電されていませんでした。
よくできてる。
モニターの上にブランケット置いたけど、離陸時は滑り落ちてきそうで少し怖かった。後悔。
さて、水平飛行に入ったのでドリンクとミールいただきます。
往路よりキャビンが空いていたからかクルーがわざわざサービスの説明をしてくれました。
「お食事をお持ちしますが、お腹があまり空いていらっしゃらなければ、お取り置きもさせていただきます。一度目のお食事の後の軽食はいつでもご注文いただけます」って。
睡眠をしっかりとりたいので、先に食事いただきます。
キール。
食事後は座席をフルフラットにして睡眠とります。
深夜便だからね。
ほんとフルフラットって体が楽でありがたい。
写真撮り忘れたので、公式サイトから写真借ります。
(ANAウェブサイトwww.ana.co.jpより)
気持ちよく寝ていたらもう朝。
んー。朝食にはまだ早いな。
スープだけもらいました。
はい、あっという間に羽田に到達です。
毎回毎回ビジネスクラス乗ることはできないけど、乗るならANAいいなー。
これまで利用したビジネスクラスの中でいうと、カタール航空に次いで2番目に好きかも。
快適なフライト、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA