心の栄養補給は「トキメキ」。マジだよ

えー、みなさま。

ここ数ヶ月、振り返ってみると旅行記、ホテル宿泊記、フライト搭乗記ばかりになっているこのブログですが、以前も注意書きした通り、あくまでこのブログは
ゲイブログ
ですので。
その点、お忘れなきようお願いいたします。
なんでそんなことまた書くのかと言うと、少し前に初めましてで知り合ったゲイの子に「あぁ、ブログやってる人ですよね!ポイントがどうのマイルがどうのっていう」って言われたからですw
確かにポイントがどうのマイルがどうのばかり書いてるけどー、このブログ、主題はマイルではありませんからー。
このブログは「ゲイである遊己という人間の生活、人生、考えをさらすブログ」、略して「ゲイブログ」なのです。
これも前書いたけど、ゲイブログだからってゲイについてばかり書く必要はないと思っているので。
ゲイだってゲイとしてだけ生きているわけじゃなく、会社員の顔があったり、学生の顔があったり、家族の顔があったり、いろんな要素を持って1人の人として生きているわけなので。
なんちゃってマイラーってのは俺の顔のひとつ、つまりこのブログを構成する要素のごく一部です、あくまで。
(最近ハマってるからそればかり書いてるけど)
とゆーわけで、一時帰国記の途中ですが、ゲイブログらしいブログをひとつ挟んでおきます。
タイトルの通り、心の栄養ってトキメキだな、って今日思った。
あ、女性向け自己啓発本のテーマみたいだね。
しかも、売れてない安っぽいやつの。
でもねー、俺は今日久しぶりにトキメキをおぼえて、そのおかげで心が元気になったのです。
俺の恋愛についてはこのブログでも書いているので振り返って読んでもらえばわかるのですが、最近、年下ボーイとの恋愛が続いていました。
元彼も元々彼も年下。
ついでに、少し前に南の島で出会って一瞬キュンとした台湾ボーイも年下。
昔は年上のお兄さんばかりに惹かれていた俺も、自分が大人になって、年下を可愛いと思うようになったんだなぁ、としみじみ思っておりました。
それが、今日、年上のイケメンからもらった言葉に、心がトキメいたのです。

「モテそうだなー。モテるだろ」
「ゲイっぽくないな」
「やんちゃなタチって感じだな」 


この3つの言葉で、俺の心はいっきに栄養補給されました。
年上にドキっとさせてもらうの、久しぶりだな。超イケメンだったし。
少し話しただけで、俺の心が何を求めていて、どんな言葉が俺の心に刺さるか見抜いたのかな。
さすがイケメン!さすが大人!
危うく惚れちゃうとこだったw
惚れちゃってもどうしようもないけど、距離がありすぎて。
どうやら俺は
「若いね」
「イケメンだね」
「可愛いね」
って言われるより、「モテそうだね」って言われるほうがトキめくらしい、ということにも気がつかせてもらいました。
「若いね」
→「実年齢と比べて、だろ。33のおっさんが32に見られても別にうれしくないんじゃいっ」
「イケメンだね」
→「もし俺のことをブログとかでしか知らないなら、それ、誤解ですから。Best of meしか載せてませんから、SNS上の写真は。もしリアルな俺を知ってて言ってるなら、ほんと、目的がわかんない。非イケメンをイケメンだっておだててからかって楽しいかっ?!」
「可愛いね」
→「SEXするためのウソだよね?正直に、遊己のこと性的に許容範囲内だからSEXしたい、って言ってくれたほうがマシなんだけど」
この3つは、こんな感じで俺の中で卑屈な反発心がわくんだよね。
「モテそう」は外見なのか内面なのかなんなのか、曖昧すぎて何を褒めてくれたのかわからないけど、でもなんか幅広く褒められた気がして嬉しいみたい。
いやー、このタイミングで一時帰国してよかった。
心に栄養もらった。ありがとう。
これでしばらく頑張っていけそうです。
次回はまた一時帰国記の続きに戻ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA