2004年2月

※ このページは、個人ホームページに載せていた日記をブログに転載したものです。

2月29日(日) 体が痛いィィィ~!
足も、腕も、腰も、顔もくまなく痛い。。。
なぜなら、昨日・今日と、久しぶりに結婚式場でのバイトだったから。
しかも、久しぶりなのにすごくハードだったんですよねぇ(汗)。
昨日は、某政治家後援会の新春パーティでお客様の数は約300人。
※結婚式場とはいっても、結婚式だけではなく一般パーティもあるので
す。
今日は、出席者100人程度の披露宴が2席。
どっちもハードだったけれど、特にきつかったのは今日・・・・・。
1つの披露宴会場で2席の披露宴を行なうためには、1席めが終わった後
必死こいて会場の立て替えをしなくてはいけないわけですよ。
会社によって、「立て替え」「組み替え」「どんでん」など言い方はイロイロ
です。
1席めの皿や残飯を下げて、ゴミを片付け、出席者数にあわせテーブル&
イスの数を調整し、テーブルクロスを張り替え、新しいナイフ・フォークなど
をセッティングし、前菜などを並べる―――というのが基本的な立て替え
の手順。
他にも、新しいキャンドルやお花を用意したり、ドリンクカウンターにドリンク
やグラスを準備したり、引き出物を準備したり、と、やることは盛りだくさ
ん。
俺の仕事は、主にドリンカー(ドリンクサービス)なので、1人でドリンクカウ
ンター&ドリンク用冷蔵庫などの整理をしておりました。
通常は男2~3人がドリンカーをつとめるのですが、今日は各テーブルを
担当するスタッフの人手が足りないがために、みんな借り出されてしまっ
て・・・・・(泣)。
はっきり言って、1人でドリンカーはツライです!
披露宴中は、基本的にドリンクカウンターから離れられないから、足が棒
のようになるし。。。
歩き回っているより、ずっと一ヶ所で立っているほうが疲労がたまるんです
よねぇ。。。
ところが、ヘタすると、4月からはずっと1人でドリンカーをつとめねばならな
くなるかもしれないんです。
今、俺が所属しているチーム(←披露宴会場ごとに担当チームが決まって
いる)には、俺を含め3人のドリンカーがいるんですが、俺以外の2人は4
月から社会人になるんですよ。
つまり、俺1人が取り残されてしまうわけだす(汗)。
1人は、そのままその結婚式場に就職したんだけれど、社員になってまで
バイトと同じ仕事はできないだろうし。。。
早く新しいドリンカーいれてくれないと、体力のない俺は慢性筋肉痛になっ
てしまうよーーーっ(泣)!!!

 

 

2月25日(水) 今日は、実家に顔を出した後、父&妹とともに犬山の成田山に行ってきま
した。
交通安全のお守りをもらうためです。
なぜなら、つい先日、妹が免許を取得したから。
そして、
俺が約半年ぶりに車を運転することに
なったから!
そうです。妹の免許取得にあわせ、俺も、去年8月に事故を越して以来控
えていた車の運転を再開することにしたのです。
車は、中古で安かったトヨタのキャバリエです。(ちなみに、妹は中古でキ
ューブを購入)
事故前まで乗っていたプリメーラは廃車になってしまったので(汗)。
一時、三菱のディアマンテにしようかという話もあったのですが、「事故ば
かり起こすやつが、そんな大きな車に乗ってどうする!」と母親から猛反
対をくらいまして。。。
とは言っても、キャバリエも以前乗っていたプリメーラより排気量大きいん
ですけどね。
プリメーラが1800cc、キャバリエが2400cc。
半年ぶりの車の運転は、はっきり言って少し怖かったです。
最初は、たかだか時速50キロ程度でドキドキしてしまいましたよ(笑)。
けど、しばらく走って慣れてくると、何だか嬉しくてニタニタしてきてしまい
ました。
そして夕方、実家からアパートまで車で帰る頃には、涙までこぼれそうに
なってしまいました(笑)。
半年ぶりに見る道路の風景があまりに懐かしかったので。
そして、車なしではなかなか行けなかった場所に、これからはまた行ける
のだと思うと、すごくすごく嬉しかったので。
長かった自転車生活も、これでサヨナラです。
今後は、調子にのらず気を緩めず、楽しい車生活をおくっていきたいで
す!
(ちなみに、事故の行政処分はまだ終わっていません。免許停止の通知
は来ましたが、本当なら、この後再試験になるはずなんですよ。いくら待っ
ても通知が来ないので運転を再開してしまいましたが、おそらく近いうちに
連絡がくるはずです。そうなったら、再び自転車生活です。何しろ、再試験
の合格率は2パーセントらしいですから。。。)

 

 

2月22日(日) 今日は、雨や風がすごかったですね。
特に夕方は、傘をさして歩くのもつらいほどの強風。
せっかくバイトが休みだったのになぁ。
しかたないので、ほとんど家の中にこもっていました。
昼過ぎに、本屋と古本屋には行きましたけどね。
今日は、エッセイを8冊、マンガを3冊買いました。
具体的に言うと、エッセイは
『ナースのおしゃべりカルテ』(小林光恵)
『ナースをねらえ!』(小林光恵)
『ばたばたナース』(桜木もえ)
『イギリス人はかなしい』(高尾慶子)
『わたしのイギリスあなたのニッポン』(高尾慶子)
『凛々乙女』(小林聡美)
『ときどき起きてうたた寝し』(阿川佐和子)
『奥様は官能小説家』(内藤みか)
の8冊。
マンガは
『人生とはなんだ<旅と恋編>』(藤臣柊子)
『人生とはなんだ<美容と健康編>』(藤臣柊子)
『砂礫王国』(由貴香織里)
の3冊です。
ついでに、レンタルショップでビデオも4本借りてきました。
本を買う前に、新しい本棚を買わなくてはなぁ。。。
あ、その前に、大きな本棚を置ける広い部屋に引っ越さなくては。
はぁ・・・・・(溜息)。

 

 

2月21日(土) 今日、俺がバイトしているホテルに、看護学生の団体さんがチェックインし
ました。
とある病院の試験を受けるための滞在です。
なんか、「この人達も、看護士になったらイロイロ大変なことを経験していく
んだろうなぁ」としみじみしてしまいました。
というのも、今読んでいる本が小林光恵さんのナースエッセイ『病院はい
つもパラダイス』だから(笑)。
小林光恵さんの本を読むのは初めてだけれど、けっこーおもしろいのでし
ばらく読み続けるかも。
看護士に対するイメージとして「血管が浮き出た腕を見ると注射したがる」
というのがありますが、小林光恵さんのエッセイによるとそれは間違いだ
そうです。
なんでも、ただ太く浮き出ているだけではなく、弾力性に富んでいる血管こ
そ魅力的なんだとか(笑)。
そーいえば、俺がその昔付き合っていた彼氏も看護士だったなぁ。
彼は、血管チェックはしなかったけれど、冗談で俺の胸や腕を触って「ここ
は○○筋、ここは△△筋」と説明してくれました。
そんなこと、わざわざ教えてくれてもねぇ・・・・・(笑)。

 

 

2月19日(木) 今日から春休みです♪
と言っても、昨夜夜更かししたせいで起きたのは昼過ぎで、夕方からバイ
トだったから、ちっとも休みって感じのしない1日だったんですけどね。
ま、現実ってのはこんなもんさね。
明日は、早起きしよっと。

 

 

2月18日(水) 今日で、テスト最終日です。
明日から、やっとやっと春休み。
あぁ・・・・・つらく苦しいテスト期間をやっと乗り越えたんだなぁ。
結果はまだわからないけど。。。
とりあえず、今日受けた朝鮮語のテストは合格しているはず。
不安なのは・・・・・社会学かなぁ。
「フーコーの権力論をまとめ、現代の視点から考察せよ」というなかなかヘ
ビーな問題でして・・・・・(汗)。
一応、事前にそういう問題を出すということは知らされていたので答えは
作成してあったのですが、自分で書いた物ながら、さっぱりわからん文章
になってしまいました。
成績発表が、少し怖い・・・・・。

 

 

2月17日(火) 明日で、やっとテストが終わります。
春休みまであと一歩!
そして、春休みが終わるといよいよ大学3年になります。
3年になるとゼミが始まり、いよいよ卒業論文のことも少しずつ考えなくて
はいけなくなるのですよ。
今日、大学でそういったゼミやら卒論やらのガイダンスがありました。
俺が所属している史学科には6人の教官がいて、それぞれの専門分野は
日本古代史、日本中世史、中国近代史、中世西洋宗教史、フランスの社
会・経済史、社会科教育です。
日本近代史を研究している先生もいたのですが、来年から他大学へ行っ
てしまうので。
よって、3年の後期からこの6人の教官のうち、いずれかの研究室に所属
することになります。
俺は、日本古代史を研究しているN先生の研究室に行きたいなぁ。
N先生は厳しいという噂も聞くけど。
指導は厳しくても、良い先生だと思うんですけどね。
今日、ガイダンスの後に史学科の追いコン(=4年生の追い出しコンパ)
があって、N先生とも話したけれど、嫌な感じは全くなかったし。
ちなみに、追いコンには史学科の先輩や先生達のほとんどが参加してい
たけれど、みんな親切で良い人達でした。
先生も、酒が入ると講義とは違う顔を見せてくれたし(笑)。
最初は「ガイダンスはともかく、追いコンはめんどいなぁ」と思っていたけれ
ど、参加してよかった。
唯一不安なのは、明日試験なのにさっぱり勉強していないことだす(汗)。

 

 

2月10日(火) 今日は、午後から時間があったので、実家のある春日井市に行ってきま
した。
ずーっと前から春日井市役所に用事があったのに、なかなか行けなかっ
たんですよ。
何の用事かというと、摂食障害(過食症)の治療にかかる医療費を、市に
負担してもらう手続きです。
いわゆる「心の病気」って、俺が患っている摂食障害の他にも躁うつ病や
パニック障害、統合失調症などイロイロありますが、一般的に治療に時間
がかかると言われています。
だから、莫大になりかねない治療費の負担を減らすため、公費負担制度
というものがあるんですよ。
まず、県に対して通院医療費公費負担制度というものの適用を申請する
と、通院治療費・薬代の95パーセントを公費でまかなってくれます。
俺の場合この制度はずいぶん前から適用してもらっていたので、自己負
担5パーセントとなっていました。
しかし、住んでいる市区町村によっては、この5パーセントぶんも負担して
くれる場合もあるんですよ。
俺が今日行なったのは、その手続きです。
んで、健康保険の保険証とよく似た「障害者医療費受給者証」という、な
かなかステキなお名前の証書を発行してもらってきました(笑)。
うーん・・・「精神病患者」ってのもあんま良い響きじゃないけれど、「精神
障害者」ときたか・・・・・。
なんか、すごく危ない人間っぽいっすね(笑)。

それにしても、市役所に用事で行くとけっこー時間がかかることが多いけ
れど、今日はとても早くすみました。
福祉課や社会課は、そんなもんなのかなぁ。
とにかく、無駄に待たされたりせずにすんでよかったー。
時間があまったので、一応実家にも顔をだしてきました。
そうしたら、しばらく前まで俺がホテルマン志望であることに断固反対して
いた父親の口から「ホテルマンになるなら、一流を目指せ」という驚愕のセ
リフが!!!
しかも、そのための専門学校に行くことや、語学留学もありかもしれないと
言うのです。
な、なぜ急にそんなに協力的に・・・・・?!
もしかして、妹が美容師になることが決まったからかなぁ。
やっぱ、美容院を経営している父としては、俺か妹にあとを継いでほしい
のだろうし。
まぁ、「あまり1つの目標にとらわれ過ぎるのもよくない」とも言っていたか
ら、また考えが変わるかもしれないけれど、とりあえず今はかなりホっとし
ています。
就職の時まで、大学入学の時のように父親と大ゲンカはしたくないですか
らね。
ついつい「こんなめでたい日は、買い物でもするぞー!」という気分にな
り、金欠のくせにシューズを2足買ってしまいましたよ(爆)。
いつものことですが、何で俺はこうバカなんでしょう・・・・・(笑)。

 

 

2月7日(土) 3日の日記にも書きましたが、風邪気味です。
いまだに引きずっています。
昨日なんて、調子が悪くて1限の英語を休んでしまいましたよ。
テストだったのに(汗)。
しかし、今日は薬が効いたのか、だいぶ調子が戻ってきて良い感じ。
ちょっと鼻がムズムズする程度。
よっしゃ、完全回復まであと一歩!
英語のテストも、ちゃんと医者の診断書があるから追試でカバーしてもら
えるだろうし。
あとは、その追試に落ちないように勉強するだけか・・・・・(汗)。

さてさて今日は、大学もバイトも休みなのでのんびりレポートなんぞを書い
ておりました。
テストだけでなく、レポート課題もいくつか出ているので、ね。
締め切りまではまだしばらく余裕があるので、とりあえず昼前で一区切
り。
午後は、約束があったので、ちょいと近くの駅まで行ってきました。
待ち合わせの相手は、某新聞(名古屋版)の記者さんです
(↑どこの新聞かは、この日記に書いていいか確認し忘れたのでとりあえ
ず伏せておきます。別に書いても問題ないとは思うけれど、一応、ね)
その新聞に同性愛に関する記事をお書きになるということで、親や友人へ
のカミングアウトなど同性愛者としての体験をお話してきました。
1週間ほど前に、このサイトを見て「取材したいのですが」というメールを下
さったんですよ。
会ってみると、同性愛についてもちゃんとわかっていらっしゃって、きちんと
した良いかたでした。
アイスココアもおごってくれたし(笑)。
他にも何人かのゲイ・レズビアンのかたに取材なさっているということだっ
たので、どんな記事になるのか楽しみです。

 

 

2月3日(火) 最近、忙しい。
怠け者の俺としては、何ともイヤ~な感じだす。
まぁ、大学がテストやらレポートやらのシーズンだからしかたないんですけ
どね。
ところで、「バカは風邪をひかない」って嘘ですよね。
俺は、こういう忙しい時期をねらったかのように風邪をひき、ますますバカ
っぷりを周囲にさらしています。
風邪ですよ。インフルエンザじゃないですよ。
原因ははっきりわかっているんです。
実は俺の部屋、先日2日間程ガスが使えなかったんですよ。
安全装置みたいなものが働いてガス停止の状態になっていたんですが、
最初俺は、「近くで工事をしているから、その関係で一時的にガスを止め
ているのかな」なんぞと思ってしまい、ガス会社に問い合わせることもな
く、ガスなし生活を送っていたんですね。
コンロも使えなけりゃ、お湯もなしですよ。
つまり、シャワーも浴びれないってわけ。
そこで仕方なく、死にそうな思いで水浴びをしていたところ、風邪をひいて
しまったというわけです。
ね?見事なバカっぷりでしょ?
真冬の水浴びは危険ですよー。
風邪はひくし、頭痛はしてくるし。。。
ガスのありがたさは心底思い知ることができますけどね。
今振り返ると、近所の友達の家でシャワーを借りればよかったのか
も。。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA