7月29日(土)

今日は、昔のバイト仲間Kとランチをし、ぶらぶら遊んできました。
俺の大学からそう遠くないところに足湯があるので、そこにも初めて行ってきました。
最初は、足湯につかりながらKと他愛もないような会話をしていたんですよ。
しかし、途中から目の前にいた老人達(60代ぐらいの男性2人と女性1人)が話しかけてきました。
最初は、「最近の若い人は北朝鮮のミサイル問題をどう思っているの?」とか「戦争を起こしそうな人を総理にしちゃだめだ」みたいな話だったんですよ。
だから、「あぁ、戦争話とか説教をしたがりーの老人達ね」と思っておとなしく聞いていたのです。
しかし・・・・・途中から話がだんだん「今の若い人は今のことしか考えないけど、死後には霊界ってものがあるのよ」とか「魂が大事なのよ」みたいな方向に。
宗教じゃんっ!
くっそー・・・わざわざ話を聞いてやるんじゃなかった・・・。
その頃には一緒にいたKもかなりひいていたので、さっさとその場を離れることにしました。
しかし・・・その場を立とうとすると、いよいよ本格的に勧誘に入り、「興味があったら、本、読んでみる?」とか言い出すジジババ達。
しかし、俺ももうこれ以上付き合っていられないので「いや、興味ないんで」とさっさと立ちあがりました。
すると・・・・・最後の最後におババがとんでもない一言を!
いわく、「あなたみたいな若い人は死ぬ時になって後悔するわ。呪われるのよ!」
わざわざ話し聞いてやったのに、最後の最後に呪詛を吐きやがったなクソばばーっ!!!
と、ちょっと血管ピクピクものの一言でした♪
まぁ、こうして日記に書くいいネタになったからよしとするか。
俺の方が、あのおババ達よりよっぽど寛容な精神持ってるなーw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA