初の機内アナウンス体験

今日、なぜか地上職員の俺が、飛行機に乗り込んでパブリックアドレス(機内アナウンス)なんぞをやってしまいました。
なぜかというと、今日の到着便に1人、ちょいと特別な事情をもった乗客がいたからなのです。
その乗客が他のお客様と一緒に飛行機を降りてしまわないよう呼び出す必要があったのですよ。
本当は、シップが到着してドアが開いたところで、キャビンクルーがその乗客を引き渡してくれると思っていたんですけどねぇ。
ドアが開いてもそれらしい乗客がいないから「例の乗客はどこ?」と聞いたのですが・・・・・。
いきなり「自分で呼び出して」と言われ、機内アナウンス用のハンドセットを手渡されてしまったのです。汗
機内アナウンスなんかしたことないっつーのっ!
ってか、地上でのアナウンス経験もないです。
いつも、担当のスタッフに「アナウンスお願いします」ってお願いしてしまうんで。
そ、それが何の予告もなくいきなり機内アナウンス・・・・・。
ハンドセットの使い方も知らなかったので、パーサーに教えてもらってなんとかアナウンスを流すことが出来ました。
そんな素人アナウンスを、プロのキャビンクルー達に聞かれたのが恥ずかしいなぁ・・・・・。
まぁこれもいい経験なのかもしれませんね。
ちなみにその後、外国人パーサーに「よくできたね」ってな感じで笑顔でうんうんとうなづかれました。
な、なんか俺、子ども扱いされてる???
そういえば、その後別のクルー(パーサーではないけど、それに準ずるベテランクルー)にも「You look so young. How old are you? Twelve?lol(若いね。何歳?12歳かい?笑」とか言われちゃったなぁ。。。
ま、まぁ、若いってのはほめことばですよね。
うん。そういうことにしておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA