不覚にも震えた

不覚。久しぶりにお客様に怒鳴られ、震えてしまった。
チェックインカウンターでは常に毅然としてなければならないのに、最近平和だったから…。
震えたのは、恐怖半分、この先自分がどう対応すべきかわからない困惑半分。
頭が真っ白になったところを怒鳴られ、思わず素が出てしまいました。
不覚不覚不覚。
自分の、判断力、演技力、そして根性のなさを思い知りました。
しかも、男なのに、責任者なのに震えてるところをチェックイン担当の女の子に見られてしまって、めちゃ恥ずかしかったー。泣
最終的には円満解決できたんですが、この恥ずかしさはしばらく心の中でくすぶりそう…。
空港離れたら判断力も演技力も根性も何もない弱々モードです。

5 Replies to “不覚にも震えた”

  1. 気にするべきでないですよ!俺はスタッフだって人間だってことを考えられないお客が信じられないです。

  2. > つばさ
    ありがと。インチャージだと誰にも甘えられないから自分で踏ん張らないとね。
    チェックインの子たちもちゃんとサポートしてくれるけどね。
    > 和也
    ありがとう。お客さんに対して、というよりは、「弱い自分」に対して反省中。
    精神的にもっと強くならねばね。

  3. 遊己さんは純粋だからじゃない?悪いことじゃないと思うよ。
    もし、その仕事がそこまで人の演技力が必要であれば、純粋な遊己さんに合わないと思われる。
    遊己さんの精神力が弱いとは思わないよ。どういうことかは分からないけど、自信がなかっただけだと思うよ。自信がない場合、どんなベテランでもそうなっちゃうよ。だから今回の経験を生かして、自分の自信に繋いでいけばいいと思うよ。
    頑張って

  4. > COCK
    純粋ではないよ。うん、純粋ではない。多少は世の中の汚いこと、知ってるしw
    この仕事、演技力は必要だと思うな。「向いてない」ってあきらめるのは簡単だけど、好きな仕事なので、もうちょっとがんばってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA