予想。日本のLCC!

※ このブログは一度アップしたあと、一部訂正しています。
格安航空会社。
ローコストキャリア(LCC)。
今、まさに日本の空はLCC黎明期と言えそうです。
今年、日本に三つのLCCが誕生します。
一つは、JALとオーストラリアのカンタス航空が共同で出資するジェットスター・ジャパン。
もう一つは、ANAとマレーシアのエアアジアが共同で出資するエアアジア・ジャパン。
そして、同じくANAが出資するピーチ。
みなさんは、それらの会社がどうなっていくと予想されますか?
俺は、行き詰まると予想しています。
そんなこと言っちゃ大変失礼なのですが・・・。
LCCは、サービスをとことん削り、あるいは別払いの有料にし、基本的なコストと運賃を低く抑える航空会社。
しかし、日本にそんな、安かろう悪かろうのビジネスモデルが定着しますかね?
日本人って結局、「安いけど、それなり」を求めるんでしょ?
そして、未だにどこか飛行機に乗ることを特別視してるでしょ?
今や飛行機での移動なんていつでも手が届くのに、新幹線より安かったりするのに、どこか少し遠いところにある感じがしてないですか?
少なくとも俺は、する。
航空会社に勤め、毎日飛行機見てるのに、やっぱ新幹線乗る時と飛行機乗る時じゃテンションが変わります。
社長自ら「座っていられるのは四時間が限度」と言い切るほどの狭い座席、全てにおいて追加料金を求められるシステムが、果たしてすんなり受け入れられるでしょうか。
この三社のニュースを見ていると、日本人ががんばって表面的にLCCの「ものまね」をしているように見えしまうのは俺だけでしょうか?
フリートをA320でそろえたり、空港で搭乗橋の使用をやめてバスを使うことにしたり。
確かにそれらはコスト削減につながるんだけど、LCCの本質ってもっと違うところにあると思うんですよね。
なんてゆーか、会社と社員の「飛行機に乗れなかった人たちを乗せたい」って思いと、「今までと違うことやってやろう」って意気込み?
レガシー(既存の、フルサービスを提供する航空会社)のビジネスモデル捨てても、他の国にあるLCCってビジネスモデルをまねっこしてるんじゃ、まぁ、先はないじゃないか、というのが俺的予想です。
もっと具体的に、先を予想しちゃってもよいでしょうか?
全くの直感なのですが。
エアアジア・ジャパンは、エアアジアとANAが手を引き、けっこーあっさり消滅。
ジェットスター・ジャパンは、カンタス航空が手を引いた後、JAL子会社のJALエクスプレスが運航を引き受けて、しばらくブランドネームだけ存続。やがて、JALエクスプレスブランドに統合。
ピーチは、そのうちANAを離れて独自路線でがんばろうとするも、再びANA系に飲み込まれ、今のスターフライヤー的な感じに。
はい。根拠はありません。航空会社好きの直感です。
そして、直感的に、最近やたら話題になってるそれらの会社より、今飛んでいるスカイマークのほうがほんとの日本的LCCとして成長していくんじゃないかな、とも思っています。
スカイマークからは、なんか今ある日本の航空業界を壊すぞ、って反骨精神を感じるんです。
数年後、果たして日本の空がどうなっているか。
そこにあるのは「やっぱり」な姿なのか「意外と」な姿なのか。楽しみです。
ちなみに、度々申しておりますが。俺は、LCCよりレガシーを応援しております。
なので、上記予想もあくまで、レガシーをスタンダードにしての、偏見、ってことで。
あと、一応俺も航空会社に勤めていますが、以上は個人的な全くの私見です。

One Reply to “予想。日本のLCC!”

  1. スカイマークも成田便に関しては低搭乗率に苦しんでいますよね。
    あそこの会社、もうA380使用の国際線のことしか頭にないような・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA