留学します。

ブログに書いてきた通り、先月半ば、勤めていた会社を辞めました。
航空会社という職場は好きだったけれど、そこにいるとできないことがあって。
それは、
留学。
一年間ほど、日本を離れます。
と言っても、どこの国のどこの学校で学問がしたい、というようなガッツリガッチリした留学ではなく、まぁ、言うなれば海外ほっつき歩きですよ。
英語で話す力を伸ばしたいのと、海外で日本とは違う経験をしたい、というのが動機です。
まだ大学生だった2005-2006年、1年間休学してワーキングホリデーでオーストラリアのシドニーに行きました。
それはもう、宝のような経験ができました。
あの時シドニーに行っていなかったら、まず英語を話せていないし、日本を外から観ていなかったら今の俺になっていなかった。
遊びまくりのあまあまワーホリちゃんだったけど、それでも得たものは大きかった。
その後帰国して日本で大学を卒業し、一瞬のホテルマンを経て、6年間ちょっと航空会社で働いてきたわけですが、いつかまた海外へ、という思いは募っていきました。
この前、辞めた会社の日本支社長に挨拶に行った時、「You were not satisfied with the company?」と聞かれましたが、俺の答えは「I am not satisfied with me myself」。
そう、会社に不満があるのではなく、自分自身の経験を増やしたいのです。
一つは、英語力。
外資系の航空会社で働いて、マニュアルやレポート、ミーティングは全て英語。
業務に支障がない英語はできるけれど、文脈のないところの英語はイマイチ理解できない。
特に、聞いたことが理解できない。
強制的に、英語を聞かせられる環境に身をおきたい、というのが一つ。
英語は、これから生きていくのにどうしてもほしいツールだから。
もう一つは、新たな経験への欲求。
このまま会社で働いているだけでは経験できないことを経験しておきたい。
もしかしたらその先はまた同じように航空会社に戻るかもしれないけれど、それでも、30歳になった今、経験しておきたい。
このまま会社を続けたら、ずっと、あの時飛び出してみればよかった、って思いがくすぶり続けそうだったから。
挑戦しない後悔を胸にうっすら持ち続けるより、挑戦して大失敗してどうリカバーするか必死にあがくほうが俺的にはマシ、と思えましたしね。
それは、きっとたいして痛い思いをしていない今だから思えることなんだけど。
でも、それこそがタイミング。
決心してから、最低限のお金を貯めて、会社に伝えて、辞めて、今にいたります。
出発は、12月半ばの予定です。
行き先は、「とりあえず」シドニー。
とりあえず、です。
途中で国を変えます。
金銭的な都合もあり、いま頭にあるのはマルタとニュージーランド。
他にも行ってみたい国はあるけれど、一定期間行こうとするとどうしても金銭的な制約があるので、まだ未定。
とゆーか、曖昧。フレキシブル。
なぜって、人生、この歳になったら数少ない「やりたいことができる1年間」。
どこで何をすると決めつけず、フレキシブルに動こうと思います。
その中で、お金がないから行きたいとこに行けない、という経験も、またこれ経験。
来年は留学の1年というか、経験の1年です。

下の写真を

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

12 Replies to “留学します。”

  1. とても前向きな考え方、良いですね。
    身体に気をつけて頑張ってください!
    応援しています

  2. はじめまして。
    ただいま僕は短期留学中のです。
    その考え方良いと思います。
    思い立った時にいくべきです。
    応援しています!!

  3. > 路歩真さん
    コメントありがとうございます。
    せっかく会社を辞めてつくったチャンスなので、最大限がんばってきます!!!

  4. はじめまして。
    ブログ時々拝読しております。
    今回の決断ですが、
    カッコいいです。
    尊敬しちゃいます。
    僕は25歳ですが、3年勤めた会社を辞め、夢(教師)を目指しています。
    たった一度の人生だから
    自分に正直でいたいですよね?
    応援しています。
    お体に気をつけて、最高の1年にしてくださいね!

  5. > Rさん
    コメントありがとうございます!
    お互い、やりたいことのために突き進む時ですね!
    挑戦しなかったら後悔するのは間違いないから、Rさんもがんばって!
    俺も応援してますよ!

  6. こんばんは
    留学、いいですねぇ
    恐らく仕事上の語学力は
    充分お持ちだと思うのですが
    日常のコミュニケイションとは
    またちょっと違っていますもんね
    日本人は自国の歴史や文化などを
    もっと客観的に知った方がいい
    後悔のないようにできる時にやっておいた方がいいです
    僕はシドニーよりもメルボルンの方が肌が合うように感じました
    オージー英語は独特な訛りがありますが
    キウイはキレイなクイーンズイングリッシュ
    話される方が多いように思います
    でも何故にマルタ?(^^;
    ゆうきさんは
    一体どこを目指し
    何者になるんでしょうね・・
    すごく楽しみです
    どうか夢叶えて下さい

  7. 決断しましたね。うらやましいです。
    ボクも20代のとき、シゴトを一年ほどお休みして、海外行きましたけど、人生変わるぐらい刺激受けました。ちなみにニュージーランドでした。人も環境もよくて、いろんなコトにチャレンジできました。
    最近またくすぶってますけど、遊己さんのブログ見て、元気でも出しますね。
    頑張ってきてください。それに、オーストリアのゲイカルチャーも見てきてください。んで、パートナーはオッケーしてくれたんですか!?

  8. > まっとしさん
    どこを目指し何者になるか、、、自分でもわからないですね。
    どこを目指しているのかすら曖昧なのが自分でも困ったものですが。
    そんな時は、まず目の前のやりたいことをやってみよう!ということで、海外です。
    マルタは、ヨーロッパの英語圏で、多くのヨーロッパの国にも近い、ということで候補です。
    まだシドニーの次どこにいくかも曖昧なんですけどね。
    がんばってきますよー!

  9. > NZKIDSさん
    春先までシドニーにいたら、世界最大級のクィアパレード、マルディグラに間に合うんですよね。
    どうしようか悩んでいます。
    ゲイシーン、またブログにアップしますね!
    パートナー。。。痛いところ、つきますね。笑
    とめても俺が行っちゃうのわかってるから、あきらめてる感じかな。。。

  10. アメリカに行かれるご予定はございますか? ESTA申請済かなぁ?と思いまして。Bon voyage! です。

  11. > 通りすがりさん
    大事なこと思い出させていただき、ありがとうございます!
    渡米の予定はないのでESTAはまだとっていませんが、とりあえずツーリストとして渡豪のためのETAをとるの忘れてました!即日発行されるけど、危ない危ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA