メンズエステでフェイシャル

今日は休み。

最近、ひげそりと強い日差しとストレスで肌がボロボロだったので、ホテルのスパにいってきました。

はい、こちらのホテルです。


image


image

街の中心地から10キロくらい離れてるから、初めて来た。

想像より広大なホテルで、地味にテンションあがりました。

今度泊まりにこよ。

ホテル入ってからスパまでは少し離れています。


image


image

でも廊下もまたリゾート感があふれてるから歩いていて嫌な感じはないよね。

はい、スパ到着。


image

今日受けるのは60分のメンズフェイシャルです。

だいたいどこのスパも男でもフェイシャルできるけど、「メンズ」って名前付いていると敷居が下がるよね。

ありがたい。

正規料金は143ドルですが、ローカル価格で77ドルになりました。

この島、ちょこちょこあるんです。 

在住者向け割引。

支払いを済ませたら明るいスパロビーで予約の時間まで10分ほどスタンバイ。


image

予約時間ぴったりに担当のエステティシャンが来てくれ、施術室に案内されました。

こんな感じの部屋。


image

上半身だけ裸になり、ベッドに仰向けになります。


image

施術はまず、洗顔から。

軽くマッサージしながら丁寧に顔からデコルテまでをきれいにしてもらいます。

そして、目隠しをされていたのでよくわからなかったけど、顔の下半分にスチームをあてて10~15分ほど放置。

ちょうどひげそりで荒れている顔下半分がスチームでほんわか温かくなりました。

スチームで毛穴を広げて、後半のマッサージで美容成分を入れ込んでいくのかな。

それとも、このスチーム自体に何かの成分が入っているのだろうか。

スチーム後はいよいよ、オイルを使って顔からデコルテをしっかりマッサージです。

といっても、箇所が繊細な顔だから、ボディマッサージみたいにガシガシはこないけど。

アメリカの場合、顔のエステは「エステティシャン」または「コスメトロジスト」という専用の美容国家資格を持っている人しかできません。

なので、知識豊富で何となく安心。

オイルマッサージが終わったら、乳液とクリームを塗りこんで、5分ほど放置されて終了です。

少し残念なのは、たぶん日本人同士だったら「美容成分が落ち着くまで10分ほどこのままでお願いします」とか声かけされるんだろうけど、無言で放置なので、内心「いつまで?」と不安になること。

スチームの時もね。「大丈夫?」とは日本語で聞いてくれたけど。

あと、たぶん施術、60分ではなく50分でした。時計見たら10分短かった。

まぁそれでも、エステティシャンは丁寧だったし、いい時間を過ごせました。

はい、施術後の顔。


image

まぁ1回では何も変わりません。

リフトアップとかじゃないしね。

でも、しっとりした。

はい、最後におっさん(32歳)のガールズポーズをどうぞ。


image

きもい?わかっとるわっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA