ANAエコノミークラス搭乗記。香港ー大阪

前回から続いています。
香港から大阪は、ANAのエコノミー。
宿泊していたインターコンチネンタルグランドスタンフォードからはエアポートエクスプレスのはしる九龍駅まで無料シャトルバスがあり、その九龍駅で荷物預け含めANA便のチェックインができます。
締め切りはフライト出発90分前。
うっかり九龍駅に出発15時20分の88分前に着いてしまい、2分遅れで駅でのチェックインはクローズしていました。
まぁオンラインチェックインしてるからいいや。
ラウンジ使えるように、ステータスのあるトルコ航空のマイレージ番号登録してほしいだけだから。
九龍駅からエアポートエクスプレスに乗り約30分、香港国際空港に到着。
さっそくANAカウンターでマイレージ番号を登録してもらい、保安検査を通過します。
実は、仕事の都合でどうしてもこの日に終わらせないといけない書類がありまして、ラウンジでパソコン借りて作業しようと思ったのです。
ANAの指定ラウンジはユナイテッドクラブだけど、搭乗まで時間がないからとりあえず一番近いシンガポール航空のラウンジへ。
スターアライアンス加盟航空会社のラウンジなら指定ラウンジじゃなくても入れるので。
でも入口で「パソコンとプリンターある?」って聞いたら「ここにはないので、ユナイテッド航空のラウンジ行ってください」って言われてしまった。
がーん。結局ユナイテッドクラブか。
そこから連絡電車に乗ってゲート60番近くにあるユナイテッドクラブへ。
この時点で出発35分前。
あ。時間切れ。ダメだ、仕事できない。
あきらめて、ジュースだけ飲んでゲート30番に向かいます。。。
仕事は大阪着いてから終わらせよ。
はい、ゲート30番に駐機してるANAのB767-300。
上海ー大阪乗った時もこの飛行機だったな。
正直、この飛行機は避けれるなら避けたい。
なぜなら、古いから。
カテゴリーとしては中型機。同じ中型機ならB787乗りたい。
それか、ANAは持ってないけどエアバスのA330とか。
A330も1990年代から飛んでるから古いやつもあるけど、後継機のA350がまだ飛び始めたばかりのせいか、そこまで古い感じはしない。現役の主力中型機、って感じ。
でもB767は、後継のB787が飛びまくってるおかげで「ひと世代前の中型機」って印象。
世の中にはもっと古い世代の飛行機を飛ばしてる航空会社もたくさんあるけどさぁ。
でもー、実際シート古いし。モニター小さくて見にくいし。
5スターエアラインのANAさん、ぜひ機材更新、早めにお願いします。
この広告、自分たちが5スターエアラインであることの紹介に「日本で唯一の」って形容を付けるところが、対JALのライバル意識が見えますね。
JALは4スターですから。
はい、5スターエアラインの豚肉生姜焼き。
普通に妥当に美味でした。
トレーがシリコンみたいな素材でカバーされてて、器とトレーがピタッとくっつくようにできているのには驚きました。
さすが日本の航空会社。利便性の追求がうまい。
さて、関西空港には夜8時、定刻で到着です。
次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA