KLMビジネスクラス搭乗記KIX-AMS KL868 (1)

前回の続き。

今回の旅のハイライトのひとつ、KLMオランダ航空のビジネスクラス搭乗記です。

関西国際空港発アムステルダム行き、KL868便。

このフライトは日によってB787またはB777で運航されています。

この日はB777でした。

ほんとはB787のほうがよかったんですけどね。

B787はヘリンボーンで1-2-1というシート配置。

つまり窓側に座れば隣に誰もきません。

それに対してB777は2-2-2。

俺は最前列窓側の1Aをとれましたが、隣にも乗客がいました。

でも、もちろんフルフラットです。

オランダ人が大柄だからかな。シートの前後幅はすごく広かった。

164cmしかない俺には余裕。

ちなみに隣の席は190cmはありそうなオランダ人でした。

でも11時間もあるフライトの大半、パソコンを開いてなにか作業してました。働き者だなぁ。

電源はヘッドレストの後ろあたりにあります。

つい足元やモニター周辺を探しちゃうから、少し迷いますね。

隣席との間にはこんな感じでパテーションがあります。

動きはせず、ずっとこのまま。

可動式のパテーションは離着陸時は使えないから、離陸後パテーションを展開するタイミング、となりの人に気を遣うんですよね。

最初からずっと固定式のパテーションがあってくれと気楽です。

搭乗するとアメニティーグッズが配られました。

なんとなくオランダっぽいカラフルなバッグ。

んー。でも日頃使いするには少し派手かな。

そして、ウエルカムドリンク。

空腹でお酒飲むとドキドキして寝にくくなるので、このフライトではオレンジジュースを選びました。

そして、これ!

驚いた!ウエルカムドリンクだけじゃなくて、ウエルカムアピタイザー?!

まだ飛行機動き出してないのに、サーモン寿司と、温かいタルト?キッシュ?をもらえました。

ウエルカムアピタイザーは初めてみた。

斬新。しかもうまかった。

搭載はオランダではなく、関西空港のケータリング会社でしょうけど。

これは機内サービスも期待できるぞ。

次回に続きます。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA