シドニーで住んでた部屋紹介

最近旅行に行けず、買い物もできず、あまりブログに書くイベントがないので過去の旅行とか写真をもとにブログを書きはじめています。

これとか、ね。

どうせなら思いっきり古い写真を載せてやろう、と思ってクラウドに保存している写真を見ていたら15年前、大学を休学してシドニーにワーキングホリデーで1年間滞在していた頃に住んでいた部屋の写真を発見。

ってことで、今日はなーんのにも立たない15年前に住んでた部屋紹介です。

当時まだこんなに若かった。


さて、当時シドニーで2回引っ越しをしましたが、今日紹介するのは最終的に落ち着いて一番長く住んだ部屋。

場所は有名なビーチがあって快適なボンダイ。

家の前からバスのに乗ってシドニーの中心地(シティ)まで30分ぐらいだったかな。

今もあるのかなーと思ってグーグルマップで検索したら、あった!

ここここ。この白い建物の2階。

まさにこの正面の窓があるところが俺の部屋でした。

キッチンとバスルームはシェアで、寝室は個室でした。

当時で週120オーストラリアドルでした。

そんなことすっかり忘れていたけど、当時すでにブログやってたから調べたら書いてあった。

こういう時長くブログやってると便利。

今だとたぶんボンダイで個室だと週200~300ドルぐらいですかね。

当時は週に120ドルと考えると月に5万円しないんだから安かったなぁ。

廊下はこんな感じで、突き当りのドアが俺の部屋。

手前左の部屋には気難しそうな白人のおじいちゃんがずっと住んでた記憶があります。

では、部屋の中にいきましょう。

当時、明るくてすごく快適って思ってたんだけど今見るとベッドはビールケースだったんだね。笑

手前のソファー、すごくほこりっぽかったのでシーツかけてます。

でも、明るくて快適だった。

バスルームは共同なので、シャンプーとかボディーソープは部屋においておくしかなく、ドアの前の靴置きにおいていました。

チラッとうつってるテレビ、気になるでしょ?

こちらのテレビ、メーカーはPALSONICでした。

ソニック。パナソニックのパチもん。

と思ったら、今でもオーストラリアで薄型テレビとか売ってるみたい。

意外とがんばってるメーカーなのか、パソニック。

当時まだブラウン管テレビは普通だったけどこのアンテナの長さは異常でしたね。

共同キッチンはこんな感じ。

俺は料理しないので冷蔵庫使うぐらいでした。

共同バスルーム。トイレとシャワー。

古いけど、タイルなので水を流して掃除できるので清潔ではありました。

ただ共同バスルームは、入ろうと思った時に他の人が入ってると待たなきゃいけないからイヤだ。。。

2014年にイギリスに短期留学した時も共同バスルームだったけど、できればもう避けたいな。

この部屋、見た目以上に居心地が良くて本当はダメなんだろうけど友達呼んで軽くパーティーとかしちゃってました。

ごめんなさい、大家さん。汗

シドニー、本当に楽しかったな。

若い頃のきらきらした夢のような思い出です。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA