シンガポールの賃貸 2

前回に続き、今回もシンガポールで内見した賃貸物件を紹介します。


今回内見した物件はこちら。

手前のオレンジ屋根が目立ってますが、その奥のグレーのビルです。

一見するとオフィスビルっぽいですが、中は全て居住スペースのようでした。

前回紹介した物件は街のど真ん中オーチャードから徒歩圏内でしたが、今回は少し郊外です。

と言ってもシンガポールは国土が狭いので、バスで中心街まで30分ぐらいの距離ですけどね。

セラングーンというところ。駅前にでっかいモールがあって住むのに便利そうでした。

伊勢丹もありましたよ。

内見の約束時間よりだいぶ早く着いたので近くのインドカフェ?みたいなところに入ったら、間違えてホットドリンクを頼んでしまいました。

30度超えてめちゃ暑かったのに。。。

しかもジンジャー入り。死ぬ。。。暑くて死ぬ。

それでももったいない精神で飲みきりましたけどね。

えらい俺。爆


物件の話に戻ります。

何部屋か空いてるらしくて、4部屋も見せてもらえました。

良さそうだった2部屋を紹介します。

まず、この部屋。

8畳ないぐらいかな?

ドラム式洗濯機など家具付きですが、場所がないせいか洗濯機の上にレンジがあったり不思議な配置。

洗濯機の右側にキッチン。

直射日光が射し込むから明るいけど、鍋にカレー入れたまま置いといたら翌日には腐りそう。

バスルームはご覧の通り狭いです。

シャワーと便器が近すぎるー。

シャワー浴びるたびにトイレが濡れるね、これは。

でもこの部屋はシンガポールのStudio(ワンルーム)にしてはなかなか安かった。

家賃が1700シンガポールドルなので、約14万円です。

それプラス、光熱費が60シンガポールドル(約5千円)と、エアコン代だけ使用量に応じて実費請求、ということでした。

シンガポール暑いのでクーラーは常に使うでしょうね。

インターネットは無料ということでした。


同じ物件内でもリノベーションされてさらにきれいな部屋もありました。

それが、こちら。

なかなかオシャレじゃないですか?

壁掛けテレビももちろん付いてきます。

洗面台もきれいだったけど、バスルームだけはリノベーションされていませんね、たぶん。

このトイレの左の広いスペースがシャワースペースです。

見えてないけど、手前にシャワーヘッドがあるんです。

バスルームもリノベーションしててくれたら最高だったな。

トイレとは別にシャワーブースつけられるだけの広さはあるんだけどな。

これで家賃は2000シンガポールドル、約17万円弱です。

最初の部屋と同じく、光熱費60ドル、エアコン代実費、インターネット無料です。

どうですか?


今回の物件は場所が少し離れているだけあって、シンガポールにしては安めの家賃でした。

不動産エージェントじゃなくて管理人みたいな人が内見してくれましたが、その人もいい人そうだったし。

俺は結局シンガポールに引っ越しするのやめましたが、もし引っ越してたらここの物件を選んでたかな。

多少安くてもシェア生活はどうしてもイヤなんで。

イギリスで懲りた。。。英語学校に通っている間、ロンドンのシェアアパートみたいなところで日本人の女の子と住んでたけど、いろいろ大変だったよ・・・。そのうち書きます。

以上、シンガポールで見てきた賃貸物件の紹介でした。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA