フィリピン航空でシンガポール出発

5泊のシンガポール滞在を終え、いよいよグアムに戻ります。

行きは東京経由(グアムー成田 by ユナイテッド、羽田ーシンガポール by JAL)でしたが、帰りはマニラ経由です。


久しぶりのフィリピン航空!

マニラからシンガポールまでの飛行機は最新のA350のはずだったんですが、機材変更でA321になってました。

残念っ。

エコノミークラスなのでラウンジアクセスはありませんが、プライオリティパスでdnataラウンジへ。

dnataはいろんな空港で見かけるグランドハンドリング会社。

そこ運営のラウンジなのかな。なかなか広くて立派です。

フードも充実。

機内では寝ることにしてここで腹を満たします。

飲まなかったけど日本のビールもありました。

トイレをのぞくと、受付なしで勝手に使えるシャワーがありました。ちゃんとバスタオルも用意されていました。

さて、そろそろ搭乗です。

シンガポールの空港ってイミグレーションの手前には保安検査場なくて、各ゲートに保安検査場が付いているんですよね。

ゲートが50個あるとしたら50ヶ所の保安検査場と保安検査員が必要ですごくコストかかりそうだけど、とても評価の高い空港なのでうまくまわっているのでしょう。

日本便でもよく使われているフィリピン航空のA321。

フィリピン航空は最近スカイトラックスという格付け会社から4スター評価を受けたので、それをがんがんおしています。

満席でした。窓側の席で身動きとれなかった。。。

腹も満ちてたし、1回トイレに立った以外は寝て過ごしました。

なので、機内の写真がありません。ごめんなさい。

トイレには、エコノミークラスでもローションと香水がありました。

あと、こんな見えないところのティッシュまでロゴ入りってのが珍しいですね。

航空会社のロゴってブランドとCI(コーポレートアイデンティティ)の象徴だからいろんなところに露出してきますよね。

さて、4時間ほどのフライトでマニラに到着です。

マニラーグアムのフライトは次回!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA