JALビジネスクラスでシンガポールへ。スカイスイート3

JALのシンガポール便搭乗記です。

ラウンジはしごをした後、ゲートへ向かいます。

機材は、B777-200。

今回シートは8Kです。座席配置は1-2-1なので、通路側であり窓側でもあります。

ご覧の通り、JALに複数あるビジネスクラスシートの中で、今回は斜めに配置されたスカイスイート3です。

今回は、というより、今回も、かな。

本当は初代スカイスイートが好きなのですが、俺が乗るのはアジア域内ばかりなのでだいたいいつもスカイスイート3です。

今回はシンガポール行きなので、アジアの中ではロングフライトですね。

アメニティキットとメニューがあらかじめ座席に置いてありましたが、こだわりの機内食BEDD対象路線のようです。

毎度のことですが、JALはウエルカムドリンクはなし。

ヨーロッパ路線やアメリカ路線だとあるのかな。

今回はクルーの挨拶も、事前の機内食オーダー確認もありませんでした。

俺が搭乗後すぐにうとうとしてたからかな?

気がついたら機内食のサービスが始まっていました。

日本発便なのでいつものように和食にしました。

前菜。ラウンジでがっつり食ったので正直少し苦しかった。

しかし出されるとなぜか満腹でも食べてしまう機内食。

この後のメインもきちんと完食しました。

あ、ご飯がいつもと違う!

よく乗る香港便だと紙に包まれた俵型のご飯が出るんですが、この便では茶碗に盛り付けられていました。

やはりそこそこ長距離路線だから?機内で炊いているそうです。

うれしい。

デザートも定番のアイスクリームではなく、ロールケーキでした。

飛行時間が8時間近いので到着前にも軽食がもらえますが、俺はその時にアイスクリームだけもらいました。

搭乗後からうとうとしていたぐらいなので、フライト中はほぼ寝て過ごしました。

ビジネスクラス乗ると、機内で寝ても足が疲れないのがほんとうれしい。

機内で自撮りするおやじ。

何度かトイレに立ちましたが、JALはマウスウォッシュが置いてあるのもうれしいところ。

このサイズのマウスウォッシュ、市販されてるのかな?

バッグに入れておくのに便利だよね。

あと、到着前にクルーが目を冷やしてさっぱりさせるシートを持ってきてくれました。

デリー便乗った時にも持ってきてくれたな、確か。

こういう細かな気遣いアイテムがとても日系らしくて好きです。

ただし今回も、ドリンクがほしくてクルー呼び出しボタン押してもなかなかクルーが来てくれませんでした。

2回押しちゃったよ。

毎回、呼び出しボタンへの反応は遅いですね。

今度、ANAに乗った時に比べてみよう。

シンガポール到着です。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA