ブダペスト。開業したてのヒルトンガーデンイン

アムステルダムからブダペストに到着!

空港からはバスで市街地に向かいます。

バスのチケット。

乗る時に片側をビリっと破られた。

それが検札なのかな。

ブダペストの空港はけっこー市街地から近くて、30分ちょいで着きました。

バスを降りてから5分ほどでホテル到着。

今回は4泊しますが、途中でホテルを移動します。

最初の2泊はこちら。

ヒルトンガーデンイン。

ブダペストには他にヒルトンが2軒ありますが、ヒルトンガーデンインは、ヒルトンよりは格下、アムステルダムで宿泊したハンプトンよりは格上の中級ブランドです。

実は格上のヒルトンとほとんど値段変わらなかったんですが、ヒルトンガーデンインは開業してまだ2週間ということだったので新しいほうを選んでみました。

ブダペストは物価安いみたいですね。

ここもヒルトンも1泊15000円しないぐらい。

他の高級ホテルも調べると20000円以下のところが多かったです。

うれしい。

はい、入るとロビーはこんな感じ。

新しいニオイがするー。

しかし、、、実はフロントスタッフの対応はよくなかったです。

自分の子どもかな?小さな子をフロントのカウンターの上に座らせてお絵かきさせてました。

そのフロントスタッフ(金髪美女)、並んでるゲスト無視してずっと子どもあやしてるし。

バックオフィス入るか、私服に着替えて子どもの相手すればいいのに。

あと、他にも問題があったのですが、それは後で書きます。

さて、客室はこんな感じでした。

コンパクトだけど部屋もピカピカで快適。

バスタオルとかバスローブがふかふかでした。さすがおニュー。

この椅子が座り心地よくて、けっこー長い時間をこの椅子の上で過ごしました。

ちなみにコンセントは全部日本のプラグ非対応なので、変換プラグを持参しないと充電できません。

持っててよかった。

コンプの水は2本。

ひとつが普通の水で、もうひとつが炭酸水。

けっこー大きいボトルでしたよ。1リットルかな?

しかもガラスボトルで高級感もあるし。

これはうれしかった。

すぐに冷蔵庫に入れましたが、なぜか冷蔵庫は鍵がかけてありました。

なぜ???冷蔵庫の中のもの盗まれても、さほど困らないけど。

長くなってきたので、バスルームと朝食は次回紹介。

フロントの問題対応も次回書きます。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA