新型コロナ感染。Day 1(2022年6月7日)

新型コロナ感染

Day 1(2022年6月7日)

朝7時に起床。

寝汗がすごく体温をはかると、変わらず38.5度でした。

自宅検査キットでコロナ陽性が出ているので職場に電話。

これから検査を受けに病院行くこと、職場での濃厚接触者、消毒が必要な場所を報告しました。

そしていつも通っている病院に電話したのですが何度かけてもつながらず。

自動音声ガイダンスで「ご予約の方は1を」って言っているから1を押すんだけど認識してくれなくてずっと音声ガイダンスが繰り返されるんです。

仕方ないから近所でこれまで行ったことない病院に電話をして予約。

最短で午後1時20分があいているということだったので予約をとりました。

30分前にチェックインしてと言われたので、その時間に到着。

「検査キットで陽性なんだけど、建物入っていいんですか?」と電話で聞くと、建物の外のイスに座って待つよう言われました。

5分ぐらいだけど炎天下の屋外、、、なかなかつらかった。

車で待ってていい?と聞いたけど、スクリーニングが終わるまでダメ、とさ。

途中、車いすの人とか老人が俺の横を通って病院入っていくので屋外とはいえ感染させてしまわないか怖く、ずっと下を向いていました。

その後受付の人が出てきてスクリーニング。

この人もマスク1枚で俺の横に立ってスクリーニングするので怖い怖い。

ワクチン打っているんだろうけど俺だって3回接種しててこうなったわけだし、怖くないのかな?

慣れっこなのかな。

スクリーニング後は車を病院の建物の裏にあるテントの下に移動させて、そこで待つよう言われました。

あ、ちなみに保険があるので検査費用は無料です。

ここで待つこと30分ぐらい。

ナースがやってきて、窓から俺の鼻に綿棒を入れて検体採取。

すぐに結果が出るからそのまま待つよう言われました。

さらに30分。ちなみにこの時点でも発熱しているので車内待機も結構つらいっす。

ドクターから俺の携帯に電話がかかってきて「陽性でした」と通知されました。

やっぱり。。。

「今日を初日として5日間は隔離してください。体調悪くなったらタイレノールとか市販の薬飲んで大丈夫です」と指示され、その後「感染の証明書は必要ですか?」と聞かれたので、はい、と回答。

10分ぐらい待つと、ナースが出てきて検査結果の証明書と隔離期間の通知を手渡してくれました。

ありがとう、、、と言って車を出そうとしたのですが、念のため隔離通知に目を通すと、、、

隔離期間が7日間になってる?!

なぜなぜなぜ。

ドクターがさっき5日って言っていたし、グアムの保健当局の指針でも5日間です。

7日間隔離したら、大事な会議いくつか出れない。働き者の日本人です、俺は。

もうナースが建物戻ってしまったので電話でなぜ7日間なのか聞くと、確認して折り返しますと言われて15分。

また車内待機か。つらい。。。

ナースが出てきて「そんなに早く仕事戻りたいの?」と聞くので「規定の隔離期間が終わったらナルハヤで戻りたいです」と言うと「変わった人ね」と笑いながら手書きで隔離終了日を直し、横にサインをしてくれました。

やれやれ。

それから自宅に帰り、隔離スタート。

食料は大丈夫。水もブリタで水道水を浄水できるから大丈夫。

冷えピタは3枚だから大事に使わないと。

ロキソニンと日本の市販風邪薬はたっぷりある。

良かった、一時帰国時に買ってあって。

実はそれでもあるものが足りなくて後で泣くことになるのですが、それは次回Day 2のブログで。

熱が高いのでロキソニンを飲むとすぐに37度ぐらいまで解熱し楽になるのですが、それから数時間経つときっちり38.5度に戻ります。

形状記憶体温か。

ロキソニンは1日3回しか飲めないので、高熱でもしばらくがまんしなくてはいけないのがつらいDay 1でした。


最高体温38.5度。

咳あり。

鼻水あり。

吐き気なし。

味覚異常なし。

呼吸の問題なし。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA