10月10日(月)

今日は、仕事の研修でシドニー郊外の観光地ブルーマウンテンに行ってきました。
お客様にツアーの案内をする以上、どういったツアーなのか把握しておかなくてはいけませんからね。
他にもいろいろツアーはあるのですが、ブルーマウンテンのツアー(その中でも、ルーラという街に行くツアー)はかなりの売れ筋なのです。
ツアー中は、お客様の視点でツアー内容を確認するために普通に「俺は客ですよー」みたいな顔をして参加していたのですが、必死にメモを取っていたので「?」って顔で見られたりもしました(汗)。
道中、ツアーガイドの研修さんも一緒にまわっていたのですが、あちらはあちらで大変そうでしたよ。
自分でお客様に案内できるようになるまで、何週間も同じツアーを見てまわらなければならないそうです。
旅行業界もラクじゃないですよね。
日本のホテルでアルバイトしていた時は、とにかく「怖い!」って印象でしたが。。。
さて、明日は研修は休み。水曜日は空港で研修です。
そこまで終わったら、晴れて水曜日から正式スタッフとしてデビュー。
そこからやっとお給金も発生します♪
マネージャーに「正式スタッフになってからは、容赦しませんから」とか言われたけど・・・・・(汗)。

さて、話は変わります。
仕事の話をしたので、ちょいとプライベートについて。
日記に書いているように、ここしばらく恋愛沙汰について悩み苦しんでいました。
こっちに来てから、俺が人間関係のことで悩んだ相手はたいてい中国人。。。
なぜか中国人、好きなんです。。。
友達の日本人には、中国人嫌いのやつ少なくないんですけどね。
しかし、中国人好きの俺でも彼らに対して「おいおい!」と思うことは多々あります。
ま、文化が違うんだから当然ですけどね。
その一つが、友達とか恋人への愛称。
日本人は、親しい間柄同士はたいてい名前で呼び合うじゃないですか。
しかし・・・・・、前彼の上海人は俺のことを「マイ・ボーイ」などと呼んでやがったのです!!!
何じゃいな、「マイ・ボーイ」って?!
我が人生初ですぜ。そんな恥ずかしい呼ばれかたをしたのは。
ま、その時点では、単にふざけているんだろうと気にも留めなかったのですが・・・・・。
その男と別れてから、俺が惚れて失恋した上海人。
なんとその男の呼びかけも、似たような感じだったのです。。。
その男の俺に対する呼びかけは「ベイビー」。
おーいっ!タメ年の友達に向かってベイビーって・・・・・(汗)。
しかも、俺をフった後も普通に「ベイビー」って呼んでくるし。
ひょっとして、中国人カップルなら素で「マイ・ディア・ダーリン」「マイ・スイート・ハニー」なんてハズかしさの極限に挑戦した呼称を使っている人もいるのかもしれません(笑)。
一度お目にかかりたいものですな♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA