俺のブログは現代人の孤独病

ブログとは何か?
何のためにブログを書くのか?読むのか?
だいたいブログを書きたくなる時と、ひとのブログを読みたくなる時期って俺は同じなのですが、今まさにその「書きたくて読みたい時期」。
このブログは、ぶろぐ村ってサイトのブログランキングに登録しているのですが、そのランキングの上位に入ってるブログや新着記事としてあがっているブログをちょこちょこ読んでます。
そこで、とあるブロガーの人が、自分が満たされている時はブログを書く気にならない、って書いてたんですね。
あと、昔ですが、ブログやネット日記は自分のゲロ吐き場、って言ってる人もいましたね。
心の汚泥を吐き出す場だ、と。
さて、それは俺にも当てはまるのか。
考えてみました。
ある意味当てはまるけど、ある意味当てはまらない。
あ、ずるい回答でごめんなさい。
俺にとってのブログは、「ここに、遊己という者がいますよ!俺はこういう人間ですよ!みなさん、気づいてください!わかってください!」とアピールするツールのような気がします。
名札であり、看板?
だから、辛い時は心の汚泥をもちろん吐き出すけど、満たされている時もそんな生活について書きたくなる。
俺は、「現代人の孤独病」にガッツリ罹患しています。
常に誰かとつながっていたい、気づかれたい、という欲求に支配される病気。
愛されたい、とまではいかないんだけど、ここに俺がいることをわかってください、って欲求。
それはね、家族や友達や恋人に囲まれて、現実に満たされていても決して消えることのない欲求なんですよ。
そういう意味では、病気というより障害?
いくらそばに俺を認め、愛してくれる人がいても、それでもまだ気づかれたい欲求はがんがんにわいてくるのです。
ブログやソーシャルネットワークは、そんな病気を癒す対症療法なんですよ。
病気を根本的に治すことはないけれど、「誰かとつながっている」「誰かが読んでくれているかもしれない」と思えることで、気持ちが安らぐのです。
うん、めんどくさいですよね。
自覚はあります。
でもね、この現代人の孤独病にかかっているのは、決して少数ではないと思うんだよなぁ。
「卒業式まで死にません」って本の作者、南条あやって高校生(当時)にもそんなにおいがする。
彼女は睡眠薬や安定剤にはまり自傷を繰り返し、結局は自殺してしまったんですが。
ネット(当時はいまのようなブログがなかったから)で日記を書いている時、ただ単に心の汚泥を吐き出しているんじゃなくて、「こんな心に汚泥を抱えた人間がいますよ。みてください」と叫んでいた気がするのです。
これは、俺が勝手に感じているだけなんですけどね。
俺は、彼女みたいに常に心に汚泥は抱えていないけど、「俺に気づいて」欲求は、きっと一緒かな。
ブログランキングに登録して、ブログのアクセス数が増えたのはすごくうれしいことです。
ランキングがあがるほどアクセス数が増えるし、そうすると、これまで以上に、誰かが俺に気づいてくれるかも、と感じれるから。
べつに俺を評価して欲しい、ってわけじゃなくて、こいつ平凡だなって思われても、そんな俺という人間がここに存在していることに気づいてくれることがうれしいのです。
30歳のおっさんが思春期みたいなことを、、、と言われれば、それはもう、その通り。
この、いい歳してくだらないと言われるかもしれない欲求をたどっていくと、俺の心の底にあるコンプレックスとナルシズムにたどりつく気がするのですが、それを考察しだすとエンドレスループにはまりそうなので、とりあえずここまで。
結論に戻りますが、俺にとってのブログとは、名札であり看板!
と、ゆーことです。
少なくとも、いま、30歳の俺にとってはね。
では、ぜひ今日も、ブログランキングへのクリックをお願いします。↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2 Replies to “俺のブログは現代人の孤独病”

  1. こんばんは
    ブログやSNSの難しさは
    どこまで真実を晒していいものか
    の判断ですねぇ
    ゆうきさんのように
    顔を載せると言うのは
    強烈な自己表現であると共に
    非常な危険を伴う事でもある
    顔なし写真でも
    僕は過去何度も転載されて事があって
    その度に驚くと同時に
    苦々しい思いがこみ上げてきます
    写真載せるなら右クリックで
    保存できないようにしなければと
    思うんですけどね
    僕は仕事での出来事も書きたい事があるけど
    職場まで迷惑が及ぶ事があってはいけないと
    触れないようにしているので
    実際はほんの一部しか
    僕を表現できていない
    もどかしさは感じていますが
    その程度でいいんだと
    思うようにしています
    一々自分の思想信条から行動まで
    垂れ流し状態だと
    ロクな事がありません
    他の方のブログ拝見していても
    虚虚実実の微妙なライン上ですね
    明らかに嘘の写真を貼り付けてる
    場合もありますし・・
    ってか最近前に貼ってたブログ村での
    僕のプロフ写真を転用されるのを発見しました
    それも目に付きやすい上位のブロガーさんが・・
    もう盗まれやすそうな写真貼るのやめました
    僕は逆にランキングから脱退しました
    ウケそうな記事を書くのに四苦八苦するのはゴメンです
    そもそも僕にはそんな才能ありませんし(^^;
    まぁどこに価値観を見い出すかは
    人それぞれってコトですね
    これからもブログ続けて下さいネ
    では・・(^O^)/

  2. > まっとしさん
    コメントありがとうございます。
    写真転載は、不愉快ですね。
    顔のない写真は、逆に転載しやすいのかもしれません。
    簡単に自分だと偽れるし、転載元も突き止めにくいし。
    俺もこれまで不快なことはありましたが、それ以上にブログに価値を見出しているので、今後も続けていくと思います。
    あと、まだネットのマナーが曖昧で、しかも俺自身世の中の危険を意識することのなかった高校生時代にネットで日記を書き始め、顔を出し始めてしまった、というのもあるかも。
    ホームページで日記を書いていた時代に、携帯の番号まで載せていたことありますし。
    あ、まっとしさんのブログも拝見してますので、ランキングには参加していなくても続けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA