香港で銀行口座開設

香港にきたついでに、HSBC香港の銀行口座を開設しました。
何のため?
マネーロンダリングです。
って、うそうそ。
洗浄しなきゃいけないほどの資金持ってないし。
HSBCは、日本語だと香港上海銀行。
でも、イギリス系の銀行です。
香港ベースだけどイギリスのスワイヤーグループ傘下にあるキャセイパシフィック航空みたいな感じですね。
俺が本当に作りたいのは、イギリスのHSBCの口座なんです。
でも、イギリスって外国人の口座開設に厳しくて、なかなか開かせてくれない。
そこで、次回イギリスに行った時、イギリスのHSBCと交渉できるように、香港のHSBCのカスタマーとなった次第です。
香港はイギリスより緩いとはいえ、やっぱり口座開設にはそこそこ苦労しました。
4支店まわったものの、「香港に住んでないとダメ」「香港に住んでる、または将来住むって証明がないとダメ」「作れるけど、2-3週間後に直接支店にキャッシュカード取りにこないとダメ」とダメダメ祭り。
しかしここは海外!しかも香港!
たくさんの先人たちが投資目的や、マネーロンダリング(?)のためにお金を流しているんだから、何とかなるはず!
と、ゆーわけで、最後に中環(セントラル)にある立派なHSBCビルに行き、無理やり口座、こじ開けてきました。
画像1
画像1
ほら、何とかなったw
方法は、俺が本当に開けたいPersonal Integratedアカウントではなく、Advanceアカウントを開設する、というもの。
Advanceは日常使いというより投資家向け。
だから、先人の例が多いだろうと踏みました。
日本円で250万円ぐらいの残高がないと、毎月1500円ぐらいの口座維持手数料を取られます。
もちろん俺の場合、手数料取られます。
でも、いーんです。
3ヶ月経ったら、郵送でPersonal Integratedに変更できるから。
不正じゃなく、ちゃんと銀行員にも説明しましたよ。
250万も入れないし、3ヶ月経ったらダウングレードするって。
それでも開設できたのだから、少しお金はかかるけど正攻法で口座開設したと言ってよいだろう。
日本に住んでるってこともちゃんと伝えたしね。
必要なものはパスポートと国際免許(住所証明として)、そして最初の入金ぶんとしと2000香港ドル、およそ25000円だけでした。
口座は、インターネットバンキングで日本からも管理できます。
手続きはおよそ1時間。
この調子で、今度はイギリスのHSBCの口座を開設できますように!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA