採用面接。されたり、したり。

現職に辞表を出していることは以前報告しましたが、それ以来、求人サイトをよく見ています。
そして昨日は、書類選考を通った某社の面接でした。
いま海外にいるので、先方の配慮でスカイプ面接。
久しぶりにスーツ着ました。
体重増加でウエストがしまらなかった。泣
面接先の企業は、今と同じ業界です。
そのためか、面接官のマネージャーさんと話していてとても楽しかった。
面接後すぐに人事の方から二次面接のご案内をもらいました。
やはり、面接後に楽しかったという感想をもてる時は、面接自体うまくいっていることが多いと思います。
でも、面接が始まるまでは、正直緊張もしていました。
何しろ、1年ぶりの求職活動、1年ぶりの面接なので。
実は現職において、俺自身、新しいスタッフの採用面接をしたりしています。
来週も何人か面接をする予定。
面接している時って、面接官側もある意味緊張しているんですよね。
どんな人が来るのだろう。
その人の適性をきちんと読みとらねば。
って。
自身が採用面接をしているおかげで、採用面接を受ける時も「この人は今、俺のことをきちんと読みとって、理解しようとしてくれてるんだ。味方なんだ」と思い、緊張をほぐすことができます。
面接後は、しばらく近所のホテルのカフェで本を読みながら心をリセット。
あ、この本、上司から借りた本です。
本屋であなたの顔が浮かんで買った本だから、と。
自己啓発系。
上司には、まだ現職に残るよう働きかけてもらっています。
昨日もその後は、その上司と晩飯を食い、さらにホテルのバーで語りました。
トータル5時間ぐらい。
あ、上司の手が写ってるな。
上司には、正直に面接受けていることも話しています。
でも、なんかここにきて「もう少しだけ延ばそうかな」と思い悩んでる自分もいます。
思い悩んでいます。
当初1月いっぱいの予定でしたが、2月いっぱいまでは延ばしました。
ある意味、「辞めると言ってるけど、引き返すことも突き進むこともできる」モラトリアムの時間。
まぁずるずるとあと1ヶ月あと1ヶ月とモラトリアムをもらい続けるわけにはいかないので、2月頭に少し日本に帰って、そこで最終結論を出す予定です。
またご報告いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA