ANAで伊丹から羽田へ

前回の続きです。
大阪で一泊。
一番の目的である大阪市立大学附属病院での診察も終えました。
この病院、天王寺にあるのですが、少し大阪っぽいものでも食べとくかーってことで、診察後はたこ焼きランチ。
いったんホテルに戻り、16時にレイトチェックアウトしたら、伊丹空港に向かいます。
大阪は一泊で東京に移動するのです。
新幹線も飛行機も同じような値段だったから、飛行機で。
ちなみに関空発成田行きのジェットスターは安かったけど、大阪市内から関空、成田から東京の移動を考えるとロスが多いので、伊丹羽田のANA便にしました。
空港到着して15分で搭乗エリアへ。
あぁ、そうだった。国内線は全てが早いんだった。
国際線感覚で早く来すぎたなぁ。
これなら17時発乗れたなぁと思いながら、18時発の便をラウンジで待ちます。
トルコ航空ゴールド資格で入るANAラウンジ。
スタイリッシュだけどフードはなし。
国内線ラウンジならこんなもんか。
珍しくビール飲みながら搭乗待ちです。
アルコールが好きな人ならもっとラウンジ楽しめるんだろうけど、俺、基本あんま飲まないんで。
使用機到着遅れで、17:55頃に搭乗開始。
しかし伊丹羽田はさすがビジネス基幹路線、ビジネスマンがいっぱい。
そして、ステータスホルダーがいっぱい。
まず最初にANAのダイヤモンド会員が搭乗し次にANAのプラチナ、スターアライアンスゴールドが搭乗開始となるのですが、ANAダイヤモンドだけで20-30人並んでた。
プラチナとスターアライアンスゴールドにいたってはそれ以上。
なに?この便、半数以上ステータスホルダーなんじゃね?
てか、ANAダイヤモンドのスーツサラリーマンたち、搭乗開始の10分ぐらい前から立って行列してるんですが、優先搭乗のメリットより立ちっぱのデメリットのほうが大きくない?
俺はギリギリまで座って、並ばずに乗れる段階で搭乗しました。
機材は787です。
機内誌みてたら、ANAが持ってる機材一覧の中に明らかにANAが持ってない機材が。
ミレニアムファルコン。
よく知らないけどスターウォーズのだよね?
「サイズの比較として掲載しています」
こういう遊びゴコロ、いいと思いますよ。
今回のフライトは気流が悪かったのかめちゃ揺れました。
思わず前の座席に手をついて体を支えてしまうほど。
キャビンクルーもほぼずっと着席。
子どもの泣き声が聞こえてこなかったのはやはりビジネス路線だからか。
はい、羽田に到達です。
次に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA